So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

メガバンク最終決戦 [観ル・聴ク・読ム]

桔平さん、カッコよすぎて、涙が出てきちゃいました~~[たらーっ(汗)]
カッコよすぎて涙が出るなんて経験、半世紀にわたる人生の中で初めての経験。

椎名桔平さんのファン歴は『Sweet Season』以来ほぼ20年になります。桔平さんが出ている映画、TVドラマ、舞台・・・主演作品はもちろん、端役で出ているものもほとんど観ています。
どの作品の役も素敵ですが、今回の『メガバンク最終決戦』の役はベスト3にランクインです[ぴかぴか(新しい)]

1『Sweet Season』五嶋明良
2『メガバンク最終決戦』桂光義
3『刑事のまなざし』夏目信人

ただ、ファンを名乗るのは怒られそうなほどに桔平さん情報をリアルタイムで追いかけていないので、このドラマがWOWOWで放送されたのが昨年2月、DVD発売されたのが9月だったにもかかわらず、実際に観たのが今週・・・

そして、桔平さんのインスタグラムを見つけたのは、今日[exclamation]

遅まきながら、大興奮中の私なのでした[わーい(嬉しい顔)]

桔平さんのどこが好きなのか・・・?
一言では語り尽せない・・・というよりも、『恋』しているんだと思います。自分にとって現実世界の人ではなくて『遠くから見守っている』感覚だけど、それがファンていうものなんだと。
観ているだけで幸せな気分になれるんです。

さて、この『メガバンク最終決戦』、桔平さんのカッコよさが半端なく際立っていただけではなくて、ドラマ自体がとても面白かったのと、忘れかけていた過去の出来事を懐かしくそして切なく思い出させてくれるドラマでした。

銀行の合併にまつわる実情や銀行の破たん事件にスポットを当てたドラマは、たぶん他にはあまりないと思います。私は銀行員ではないですが、このドラマに出てきた過去の銀行破たん事件には、少なくとも現実に影響を受けた一人です。

その事件で銀行が破たんした影響で、当時私が勤めていた会社も倒産してしまったのでした。
倒産といっても色々なケースがあって、倒産=路頭に迷うということはなく、ほぼすべての社員は当時の待遇を維持したまま今の会社に受け継がれたので、生活に大きな変化はなかったのですが。
あ、大きな影響があったのを思い出しました。当時の持ち株会で200万円ほど積み立てていた自社株が、1円に!!文字通り紙切れになった証券証書、今でも持ってます。

その後は、外資系ファンドから経営陣が送り込まれて、社員の役職名が横文字になったり[exclamation](確か私は、アソシエイトマネージャーだった??) かと思えば、その外資系ファンドから買った今の親銀行の影響を受けて、名実ともに完全に銀行の子会社になり、上司や本部スタッフに銀行出身者が増えたり。
今では銀行グループ全体の純利益の約7%を稼ぎ出す会社になり、結果的には良い方向に進んだのだと思うんですが、その間には色々なことがあったなぁ~と。

それから、私自身はバブル時代から融資の仕事をしていて、色々な銀行員と仕事上の接点がありましたが、バブルが崩壊して多くの銀行が倒産して、別の銀行が吸収合併するという出来事が頻繁に起こり、仕事上で知り合った銀行員の方がその波に飲み込まれていった…ということをみてきました。
私と出身校が同じでよく気にかけてくれた方が、詳しいことは分かりませんが、倒産吸収合併後に自ら命を絶たれたこともありました。

このドラマでは合併した銀行の中で出身銀行で差別がある・・・ということや、1度だけでなく2度3度と破たんを経験した銀行員の家族の悲劇が描かれていました。銀行に縁のない人から見ると『次から次へと銀行の名前が変わるのね~』くらいにしか思っていませんでしたが、実際にそれを経験した人や家族は、ほんとうに地獄だったのでしょう。
そこで働いている人たちは、日々自分の仕事をコツコツと頑張ってきたのに、外交政策のための政治家や官僚の都合、保身に走る銀行経営陣の都合、利益だけを追求するファンドの都合・・・そういうところで自分たちの運命が左右されていたなんて。

このドラマのレビューを見ると、劇画のようだという意見がたくさんありました。それほど現実にはあり得ないドラマの世界だと思う人が多いということなんでしょうが、実際にもこういうことがあったんだろうなと私は思いました。私の会社が影響を受けたとある銀行の破たん事件も、実際の内情について真相は明らかになってません。色々な事情が絡み合い複雑すぎたのと、誰が得をして損をしたのかがはっきり分からない事件なので、うやむやにさせられて忘れ去られた事件でした。
その複雑な思惑の一端をこのドラマで知ることが出来たという感じです。原作者が元ファンドマネージャーで、当時の実情をよく知っているサイドの方なので、とても説得力がありました。

ただ、『長期国債の暴落が銀行破たんを招く』ことの意味が分からない人もいるなど、ドラマの内容を理解するにはある程度の金融知識が必要なので、分からない人にはつまらないと思えたかも。

レビューの中にも『国債が暴落しても、売らずに長期保有すれば問題ないのでは?』という意見がありましたが、これは間違いです。ドラマではこのところが第一の焦点となっていました。暴落した国債の損金処理を今年度は特別にしなくても良いという金融庁通達を一旦は取り付けたものの、金融庁長官のある思惑で撤回されて・・・というところ。確かに国債を今すぐ売却せずに保有し続ければ、今は売却損は出ません。個人であればそれで正解です。が、法人会計というよりも銀行会計では、年度ごとの決算で保有している株式や債券の評価損を計上しなければなりません。評価損が大きいということは資産が目減りするため、債務超過(負債が資産を上回ること)となる可能性があるということです。正確には債務超過=倒産ではないのですが、債務超過の状態は決して健全とは言えず、何かのきっかけで破たん(倒産)しやすい状態と言えます。例えば、債務超過を理由に新たな融資が受けられず、資金繰りに窮するなど。。。なので、債務超過という状態になることは、銀行にとっては大問題なのです。
またバーゼル規制といって、銀行の健全性を維持するための国際的なルールに基づいて、リスク資産(投資や融資)に対する自己資本比率(流動性の高い普通株や内部留保)の基準が定められています。国内外の銀行はこの基準をクリアするための経営方針が取られています。国債の評価方法については色々な攻防がなされているようですが、このバーゼル3をクリアできない事態になっても、銀行にとっては大問題です。

こういったことを知っているのと知らないのとでは、同じドラマを見て受ける感想も変わってくるのかもしれません。
でも、こういう背景を知らなくても楽しめるのが、役者さんたちの演技です。
主役の桔平さんはもちろんですが、桐谷健太さんや石橋凌さんたちの演技もスゴイ。難しいテーマを扱っているにもかかわらず、グイグイ惹きこまれるのは役者さんたちの白熱した演技のお陰だと思います。

ということで、とてもお勧めな作品ですので、是非観てみてください[ひらめき]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

レッスン218回目 [ヴァイオリンのこと]

発表会が終わってから初めてのレッスン。2月からドッペル一色だったので、音階もMAZASもシャコンヌも、ほぼ3ヶ月ぶり・・・どうなることやら。

音階、かなり久々だったにもかかわらず、ちゃんと指が覚えていてくれました。

『MAZAS Op36-1』27番。
発表会前は重音の手前までは進んでいたけど、今日はとりあえず最初から。
所々やり直しながら、重音手前まで通して終わり。
まあ一通り弾けているということでここまではOK。次回は重音から。

『ヴィターリ シャコンヌ』
こちらも久しぶりだったので最初から。とりあえず2ページ目重音が終わったところまで通して終わり。
ワンボウスタッカートの弾き方を教えてもらいました。
『弓は軽く持って、重みを感じて弾くこと』
強く持ちすぎていて弓を押し付けて弾いているので、重みで勝手に弓が跳ねる感覚を持つこと…
右手をもっと柔軟に。肘を挙げて。
これって、けっこう目からウロコでした。
2つのフレーズずつ繰り返して練習するようにとのこと。パターンが変わるつなぎ目もスムーズに弾けるように。楽譜を見ないで覚えてしまうこと。

家に帰ってからひたすら何度もやっているうちに、ワンボウスタッカートのコツがわかってきたような。あとは均等に弓を跳ねさせることが出来て、楽譜を見ないで覚えるまで、ただひたすら繰り返すのみです。
・・・あんまりやると、左の指が攣ってしまうんですが。。。

先生が『発表会、楽しかったでしょう?』と。
思わず『楽しかったです~ でも燃え尽きてしまった感じです…』
先生、苦笑い(^^;

ただ、ここ何年かは何となく練習している…という感じで、なかなか進歩がなかったところ、発表会1ヶ月前からの追い込み・・・というか、弾けないところを集中して練習しまくったことで、進歩が実感出来たということは、貴重な経験になりました。
ほんとに先生にいつも言われることなんだけど、今更ながら部分練習のやり方が分かったというか。
出来ないことが出来るようになっていくのは、とても嬉しいことです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

免疫力アップ大作戦!㊲静岡2日目 [ヴァイオリンのこと]

伊豆旅行二日目。
残念ながら、この日も朝から[雨][雨] 前回行きそびれた大室山や、さくらの里に行く予定だったけど、この雨ではリフトも動いているか分からなかったのでキャンセル。
今回は土日での1泊旅行なので、チェックアウト時間ぎりぎりまでお宿でゆっくりして、どこにも寄らずに早々に帰ることにしました。

朝ごはんは夕食と同じ席で。朝から豪勢ですヨ[るんるん]
P1010115.jpg
P1010116.jpgP1010118.jpgP1010119.jpgP1010117.jpg
金目鯛の煮付け、実は前回は兜煮でめちゃくちゃインパクトあったけど、少しサイズダウンしてました(^^♪ 全体的にボリュームがあるので、このくらいが丁度良いと思います。

食事中、スタッフさんがやってきて…『さきほどお部屋にグラスを下げに行って、こちらのカップを一緒に下げてしまったんですけど…』と見せてくれたのが…
P1010120.jpg
でもよく見ると、ワンサイズ小さいもので。
『こちらはお客様のものなんですよね~ 洗ってお戻ししておきました[わーい(嬉しい顔)]
このコーヒーカップは旅行グッズの一つで、スティックコーヒーと一緒に持ってきているものなんですが、なんと全く同じデザインのコーヒーカップが、このお宿にもあるのでした。あまりの偶然に、スタッフさんと大笑い。ほんとビックリでした。

お宿の玄関前の桜の木、前日よりもたくさんの桜が咲き始めていました。この翌日から良いお天気の予報なので、翌日には一気に満開になりそうです。
雨の中、支配人やスタッフさんが車が出るまでお見送りしてくれました。最後までほんとに心温まる接客で、また来たいなぁ~また来るぞ~と。たぶん、1年以内に再訪するだろうな~

それではこちらの『骨董旅館ゲストハウス開耶』さんの採点です。
部屋5、お風呂5、夕食8、朝食5、接客サービス10、癒され度5、コスパ5
総合評価は…6.1[満月][満月][満月][満月][満月][満月][三日月] 5点満点、越えちゃいました~[ぴかぴか(新しい)]

ちなみに前回の総合評価は6.3だったので、評価が下がったことになりますが…これは初めて泊まった時のサプライズな部分が、2回目ということでびっくり度が減ったことによるものです。それ以外の所は前回とほぼ同じレベルで、高い水準をキープされているということになりますね。

5点満点越えの10点は接客サービス。
過剰な接客ではありません。さりげない気配りが随所に。お出迎えやお見送りの時、『また来ちゃいました!』『また来ます!』と思わず言ってしまうほどに、自分のことを大事におもてなしをしてくれる人たちの所に帰ってきたという感じです。
1日4組しか受けないというのは、それぞれのお客さんのことに気を配れる限界を越えないということ。ほんとうに、一人一人のお客さんが『○○してほしいなぁ~』『△△だったらいいのになぁ~』と思うことをすかさず察知して、さりげなく応える・・・そんな接客です。
まるで自分が大富豪で、何もかも行き届いた執事さんが世話をしてくれているかのような錯覚に。
もちろん、これまでに泊まったお宿の中では、ピカイチ[ひらめき]
リピーターが多いのも、納得です。

夕食も満点越えの8点。前回は10点でしたが、さっき書いた通り、初めての時に驚きびっくりしたところが減った分。でも今回も充分に驚きと感動がありましたヨ。
一品一品の美味しさだけでなく、見た目の美しさ、素敵な器たちも本当に満足出来ます。一つのお料理の量は少なめにして、種類をたくさん戴けるのもいいですね。

5点満点は部屋、お風呂、朝食、癒され度、コスパ。
部屋もお風呂も前回と同じ。過度な設備やアメニティなどはないけど、必要なものがちゃんと揃っていて使い勝手もいいです。部屋の露天風呂は掛け流しではないので、自分でお湯を張ったり温度調整しなければならないのが唯一のストレスでしたが、貸切風呂にも自由に入れるので問題ありません。
朝食も、朝からテンションが上がるラインナップ。どれもこれも美味しい!
癒され度はMAX。露天風呂に入ったり、テラスでボーっと木々を眺めたり・・・それ以外は何にもせず。ただひたすら癒されました。
コスパ、休日おひとり様、露天風呂付きのお部屋、お料理、そして究極の接客・・・それが東京岡山間の新幹線往復のお値段と同じだなんて、びっくりです。

私はあまり人に何かを勧めるタイプではないんですが、ここのお宿のことだけはけっこう事ある毎に周りの人に勧めています。
前日の夜もテラスで焼酎をいただきながら、前々日の夜送別会で見送った元上司とのメールでも、こちらのお宿を勧めました。あまりたくさん宣伝して予約が取りにくくなるのも困るけど、それでもお勧めしたいお宿なんですヨ。

10時にチェックアウトしてからは、その日の予定をキャンセルしたのでそのまま三島駅まで直行。
と言ってもこの頃には雨が上がってたんですけど…飲み会続きでけっこう疲れていたのもあったので、14時頃には自宅に帰りました。

お土産は…帰りの三島駅で買った駅弁。お昼用と夜用に[わーい(嬉しい顔)]
P1010125.jpg
P1010126.jpgP1010127.jpg

次はいつ行こうかな~[るんるん]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

免疫力アップ大作戦!㊲静岡1日目 [旅行]

今回の旅行は、静岡県中伊豆のお宿へ再訪する旅!
2015年1月に訪れた『骨董旅館ゲストハウス開耶』さんに、桜の季節にどうしても行きたくて、半年前程から予約を入れていました。こちらのお宿には樹齢300年の大きな桜の木があるのです。

前日の送別会で午前様にもかかわらず、ちゃんと寝坊しないで予定通り出発。ところが生憎の[雨] 
お宿に行く前に、松崎町の那賀川沿いの桜並木と田んぼを使った花畑に行くつもりなんだけどなぁ~

新幹線で三島へ、そこからレンタカー。天城越えをして一気に松崎町まで、約2時間。
那賀川沿いに桜並木が続いていて、田んぼを利用したお花畑とのコラボがとても絶景[ぴかぴか(新しい)] のはずが…
P1010028.jpgP1010029.jpg

P1010002.jpg
こんな雨でも人がたくさんいるじゃん[exclamation]と思って近づくと…合羽を着た案山子さんたち。お花見の縁日を楽しんでました(^^♪
こちらは田んぼを利用したお花畑として3月上旬から5月上旬まで、いろいろなお花が楽しめるようになっているところです。
P1010007.jpgP1010008.jpgP1010005.jpgP1010006.jpg
お花畑の中に入って行きたかったけど、とにかくすごい雨。
雨だけでなく風も強かったので、お花見は一瞬で終了[たらーっ(汗)]
それでも、美しい花たちや桜、雨に煙る里山をしばらくボーっと眺めているだけでも、とても楽しい気分になりました。

那賀川沿いの桜並木は菜の花とのコラボも絶景[ぴかぴか(新しい)]
P1010024.jpg
P1010019.jpgP1010020.jpgP1010015.jpgP1010025.jpg
こちらの桜はちょうど満開。たわわに咲きほこった桜の木の下で、大雨が降るのもかまわず撮影大会…ここはテンション上がりました。

P1010034.jpgP1010033.jpg
お天気が良ければお花見をしようと思って、名古屋で駅弁を購入してきたんですが、車の中で食べました。ちゃんとレジャーシートも持ってきたのにな~(;'∀')

とても素敵な場所だったので、いつかまたこの季節に来たいと思いました。リベンジ!

雨が激しかったので他にはどこにも寄らずにお宿へ向かいました。西伊豆の海岸線沿いを走ると、満開の桜の木がたくさんあって、ほんとにキレイでした。このルートは天気が良ければ富士山も見える絶景ポイントがたくさんあるんだけど。。。ほんと残念[たらーっ(汗)]

14時過ぎにはお宿に到着。
前回来た時もそうでしたが、今回も雨にもかかわらず、駐車場でスタッフさんがお迎えしてくれました。到着予定は15時と伝えてあって随分早くに着いたのに、びっくりでした。
そして。お宿の玄関前の樹齢300年の桜の大木も。。。
P1010124.jpg
P1010123.jpgP1010122.jpg
松崎町の桜が満開だったので期待していったけど、なんと1分咲き[あせあせ(飛び散る汗)]
このお宿は少し山の上にあるので、まだほとんど咲いてませんでした。
いつもならこの時期には満開になるそうですが、今年は1~2週間前に寒い日が続いたので遅くなったみたいです。あちゃちゃ…

1年3ヶ月前に訪れた時と同じスタッフさん2人が、前回と同じように出迎えてくれました。お部屋も前回と同じ102号室。露天風呂付きのツインベッドタイプのお部屋です。
P1010037.jpgP1010036.jpg
部屋の露天風呂やテラスも変わりません。
P1010051.jpgP1010038.jpg
P1010042.jpg
前回と唯一違ったのは、テラスから見える景色。前回は1月で木々はほとんど枯れている状態だったけど、今回は1分咲きの桜の木が。充分に膨らんだつぼみが、今日咲こうか、明日咲こうかと。
P1010045.jpgP1010046.jpg

お宿の貸切風呂も、こちらのお宿は1日に4組までしかお客さんを取らないので、ほとんどバッティングすることもなく24時間好きな時に自由に入れます。
P1010049.jpgP1010050.jpg
2時過ぎに到着してすぐに貸切風呂に行ったんですが、すでに先に入った方がおられたようで(^^;
みんな考えることが同じですね~

貸切風呂の後は部屋の露天風呂を出たり入ったり、な~んにもしない贅沢な時間を過ごしました。

そして夕食。こちらのお宿の食事がとにかく素晴らしくて、とても楽しみにしてきましたが、今回も見事に期待を裏切りません[ぴかぴか(新しい)]

まずは、スパークリングワインから。
P1010052.jpg
P1010053.jpgP1010054.jpg
お品書きがないので、お料理名についてはうろ覚えです。
さっそく記憶がぼけてます。。。確か、豆乳豆腐だったような・・・香ばしくて美味しかったです。梅酒と。

スパークリングワインはこの一品で飲み終えたので、ここらはガッツリと日本酒で。名古屋の萬乗醸造さんのお酒、『醸し人九平次』。前回もこのお酒からのスタートでした。
P1010056.jpg
改めてお伝えしておくと、こちらのお宿ではワンコイン500円で、なんと飲み放題~[ぴかぴか(新しい)] しかも安いお酒の飲み放題ではありません[exclamation] 
お酒好きな支配人がお客さんにぜひ飲んでほしいと思う全国の美味しいお酒を吟味して取り寄せ、お客さんの好みを聞いてチョイスしてくれるのです。吟醸系が好きか、純米系がいいか? 辛口or甘口? 深みがある方が良いか?? このお料理に合うお酒をというオーダーももちろんアリ。
私は決して日本酒通でもなく、お酒なら何でもいいんですが(^^; 好きなブランドや酒造メーカーのものなど拘りを持っている人でも、支配人のお勧めに身をゆだねて、新たな発見が生まれる…という楽しみ方もアリです[ひらめき]
お酒の種類が変わる毎に、グラスやおちょこも変わります。オーナーが骨董屋さんなので、グラスを愛でるだけでも、上質な時間を過ごしている気分になれます。
前回もかなりたくさんの種類のお酒を頂きましたが、今回も最初からハイペースです[わーい(嬉しい顔)]

P1010058.jpgP1010059.jpg
うなぎと大根の煮付け。うなぎがトロトロで香ばしくて、めちゃくちゃ美味い[exclamation]

八寸と小鉢。
P1010061.jpg
P1010064.jpgP1010065.jpgP1010062.jpgP1010063.jpg
明日葉の天婦羅やウドの酢漬け、自家製スモークチーズ…その他いろいろ。
和風出汁で煮付けた春野菜は、ほんとに春を感じさせる一品。

P1010067.jpg
3種類目、『九頭龍』福井県の黒龍酒造さんのお酒。

P1010068.jpg
椀物。白魚の真丈が入ったお吸い物。京風の薄味の出汁がほんとに美味しい。
このお料理に入っている海草のようなもの、『これ何ですか?』と尋ねたところ、スタッフさんが料理長まで聞きに行ってくれたんですが…せっかく教えてもらったのに、忘れてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

P1010070.jpgP1010072.jpg
4種類目、青森のお酒『田酒』。西田酒造店さんのお酒。湯呑み茶碗といった感じのおちょこがほんとに可愛らしくて。

そしてここからは、お造りの祭典[ぴかぴか(新しい)]
P1010073.jpg
ここまでのテンションもかなりハイでしたが、ここで一気にトップレベルへ[グッド(上向き矢印)]
P1010074.jpgP1010075.jpg
ヒメ鯛は丸ごと一匹分。車海老はオードブル風に。
金目鯛とカンパチ、本鰆。
P1010076.jpgP1010078.jpgP1010077.jpgP1010080.jpg
鯛の昆布締め。
こちらのお宿は伊豆半島の内陸部にありますが、車で30分も走れば駿河湾にも相模湾にも出られるので、新鮮な海の幸をいただけるんですね~

P1010083.jpgP1010086.jpgP1010085.jpg
桜の道明寺蒸し。中には鯛が入ってます。蕨などの春の山菜も添えられていて、ほんとに春[ぴかぴか(新しい)]

5種類目は焼酎にシフト。『春雲紫』という紅芋の焼酎。鹿児島県の濱田酒造さんの芋焼酎。『ガツン系の飲み応えのあるものを』というオーダーに応えてのお勧めの一品。
P1010087.jpg
めちゃくちゃ、ガツン[わーい(嬉しい顔)]

P1010092.jpgP1010093.jpg
P1010090.jpg
タコのマリネ。タコのコリコリ感が良かったけど、野菜も美味しい!

P1010095.jpgP1010094.jpg
焼き魚とエビの雲丹庵掛け。

P1010097.jpgP1010096.jpg
春雲紫をもう1杯いただいたあと、6種類目のお酒。宮崎県日南市の酒造王手門さんの焼酎『漆黒・超不阿羅王』。何とも意味深なネーミングの焼酎です。ラベルの説明文も読み応えがありますが、味もなかなか飲み応えあり。こちらもガツン系です。

もち豚のしゃぶしゃぶは梅の出汁でいただきます。このお鍋と次の黒米のお茶漬けは、こちらのお宿の名物料理。前回も頂きましたヨ。
P1010100.jpgP1010099.jpgP1010101.jpgP1010102.jpg
前回、しゃぶしゃぶにレタス[ひらめき]という組み合わせに驚き、それ以降自宅でもお鍋にレタスを入れるようになりました。シャキシャキ感がナイスです。
そしてこの梅の出汁が・・・ほんとに絶品。
P1010104.jpg
黒米が入ったお茶碗に、この梅の出汁を掛けてお茶漬けにするんですが、もうほんとにびっくりするほど美味しくて。出汁はもちろん全部飲み干しますヨ。

締めの御飯の後は…デザートワイン。7種類目[わーい(嬉しい顔)]
P1010106.jpg

P1010105.jpgP1010107.jpg
イチゴ小豆に、メロンのゼリー寄せ、リンゴ。イチゴと小豆、合いますね~
P1010108.jpg
そして最後にホットコーヒー。コーヒーの好みも、深めorあっさりorまろやか…?と聞いてくれます。

デザートは後で部屋まで持ってきてくれることもお願い出来たのですが、勢いで食べないと満腹で食べられそうにないので、このままこちらで頂きました。
その代わりに、先ほどの『漆黒・超不阿羅王』を部屋まで持ってきてくれることに。
P1010114.jpg
部屋の露天風呂に入った後に、テラスで焼酎を・・・
ホントに、吞兵衛にとっては極楽浄土としか言いようがありません[ビール]

それにしても、何と楽しい夕食だったか・・・
おもてなし好きでお酒好きな支配人との再会も、楽しいひととき。リピーターながらもまだ2回目の新米にも拘らず、しっかりと私のことを覚えていてくれたようで、最初の挨拶に来られた時、ニコッと笑って『今回も充分におもてなしさせていただきます』と。
支配人だけでなく、若い男性スタッフさん2人もほんとに気持ちの良い接客で、気配りも心地良くて。2回目でさらにこちらのお宿のファンになりました。
私以外の3組もほとんどがリピーターさんのようで、支配人がテーブルを回る度に、楽しく話に花を咲かせておられました。
良いお宿を見つけたなぁ~

2日目へ続く。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

お世話になりました [おしごとのこと]

4月、さあ私、いよいよ異動か~??と思っていたら、私ではなく支店長が異動に。
今の支店にいる転勤がある総合職のメンバーの中では、私が一番古くて丸5年なので順番的には私の可能性が高かったけど、次に古い支店長に先を越されてしまいました。

この支店長とはとても気が合って、よく話をしました。お互い歳も近く同世代で二人とも飲むのが好きだし、仕事に対する考え方も違和感なく、何でも相談し合いました。最近このブログに登場する別の残念な上司が来るまでは、私が実質的に支店のナンバーツーだったので、支店運営や部下たちのフォローも一緒にやってきたという感じでした。
実際、『ももん課長がいてくれて、ほんとに良かったと思ってる』と。

私が乳がんになって長期休暇を取ったり、抗がん剤治療でよく休んだ時も、気持ちよくフォローしてくれました。
おしゃべり好きで明るい人なので、見方によっては支店長としては甘いなぁ~と思うところもあったけど、それが彼の持ち味。今度彼が異動になるのは、なんと人事。本人は営業ラインから外れたことがショックだったようですが、将来の人事部長候補としていくそうなので、それってスゴイことなんですよね。一般的な会社では、人事部長ってエリートコースだもん。
彼の人柄が見込まれたんだなって思いました。

そして昨日は支店長の最後の出勤日だったので、4回目[わーい(嬉しい顔)]、ほんとに最後の送別会をして、12時過ぎまでカラオケやって。
次の日私は伊豆旅行に行く予定にもかかわらず、寝たのが2時過ぎでした。。。
しゃべりすぎて、歌い過ぎて、咽喉がしゃがれるほどに。
3年9ヶ月という長い間一緒に仕事をしてきたので、まだ実感が湧きません。人事部なので今後も支店に来られたり、研修や会議などで会う機会はあると思うので、また一緒にお酒を飲む機会もあるだろうから。。。

彼には本当にお世話になったので、みんなからの送別の品以外に、個人的にプレゼントをしました。
私も家で使っている錫の吞み口とおちょこのセット。
お酒好きなので、とても喜んでくれました。

新しい仕事、全く初めての分野なので大変でしょうが、ご活躍をお祈りしています。
ありがとうございました[exclamation×2]

そして月曜日からは新しい支店長が着任。なのに、今のナンバーツー、休暇を取るだと[むかっ(怒り)] しかもそのことを新しい支店長に伝えるかどうかも不明・・・
新しい支店長、面識のない人なのでどんな人かわからないけど、ちょっとやりにくそうな感じかも。
どうなることやら(^_^;)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

録音 発表会ドッペル第1楽章 [録音・ヴァイオリン]

間違いながらもなんとか止まらずに弾けたので良かった~
初めての発表会記念に、録音をアップさせていただきます。

発表会でうまく弾きたいという目標が、新たに加わりました。

ちなみに舞台に上がって拍手をもらってから演奏までに1分ほど間が空きます・・・
さあ弾こうと思ったら、肩当が取れて落ちてしまった[あせあせ(飛び散る汗)] 
ところが、全然焦りませんでした。不思議なもので[わーい(嬉しい顔)]
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いざっ!発表会!! [ヴァイオリンのこと]

今日はヴァイオリンの発表会でした~
P1010002.jpgP1010006.jpg
午前中に会場でリハーサルを1回やったあと、午後1時から発表会が始まりました。
私の出番は12人中10番目。

最初は子供たちの演奏。小5の男の子、幼稚園ぐらいの時から知っているんだけど、モーツアルトのコンチェルト3番の第1楽章を弾いて、上手くなったな~と思って感心しました。
中学生の女の子は、クライスラーの前奏曲とアレグロ。あんな難しい曲が弾けるなんて、スゴすぎる。。。

大人の生徒さんはほぼ全員が女性。
みんなリハーサルの時は緊張しているようだったけど、本番は落ち着いて弾いてました。

そういう私も、前日のピアノ合わせやリハーサルの時の方が緊張して、足が震えたりボーイングがスカスカになったりしたけど、本番はなぜか緊張しませんでした。
実は、2ヶ所ほど間違えてしまったんですが、何とか止まらずに次の小節で仕切り直して弾くことが出来ました。
失敗したけど、楽しく弾くことが出来たので良かったです。

友達が聴きに来てくれたんですが、お花とワインを持ってきてくれました。
P1010009.jpgP1010010.jpg
ありがとう~
発表会が終わった後に久しぶりに3時間近くしゃべり続け、それも楽しいひと時でした。

来年は、ヴィターリのシャコンヌ、弾けるかなぁ~??

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ピアノ合せ [ヴァイオリンのこと]

いよいよ明日、発表会となりました~
今日はピアノ合わせのために、大阪に来てます。

私が行くと、小学生と中学生の子供たちが弾いてました。二人ともすごく難しい曲を弾いていて。
スゴ~イ[ひらめき]

そこにもう一人大人の生徒さんが来られました。待っている間に話したら、私が弾くドッペルの第2楽章を弾くそうで…
で、ピアノ合わせも二人一緒にすることになり、まずは私から。
2回通したけど、2回とも途中で止まってしまった~[あせあせ(飛び散る汗)] しかも最後の方で。
なので、先生とピアノは止まらずにそのまま最後まで演奏し続けました。
『あなたが途中で止まっても、僕たちは止まらないで最後まで弾くからね』と。。。

ヤバい、やばい。
観客はもう一人の生徒さんだけというのに、緊張しまくりでした。

次に第二楽章を弾く生徒さんの番になりましたが、止まらずにしっかり弾いておられました。
でも、やっぱり彼女も緊張して、ボーイングが小さくなってしまっていたり、ヴィブラートが掛からなかったりしていたそうです。

終わった後に、私が『これからカラオケボックスで特訓してきます』というと、彼女も一緒に行きたいということで、二人でカラオケボックスに行きました。
それぞれ別の部屋を取ってそこで別れましたが、私、結局ヴァイオリンは1時間ほどだけで、後はひたすら歌いまくり[わーい(嬉しい顔)]
P1010001.jpg
こんなに危機感がないのは…いかがなもの?
まあ、今色々心配しても、なるようにしかならないし。。。
明日、頑張ります。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

免疫力アップ大作戦!㊱広島・岡山3日目 [旅行]

広島岡山旅行の最終日。

朝食は前日と同じレストランのバイキング。
P1010261.jpg
自分でいろんな具をトッピングできるスープごはんがめちゃくちゃ美味しくて、食べ過ぎた~[わーい(嬉しい顔)]

それでは『ポピースプリングス』さんの採点です。
部屋4、お風呂4、夕食4、朝食5、接客サービス4、癒され度4、コスパ4
総合評価は…4.1[満月][満月][満月][満月][三日月]
じゃらんの口コミは4.3と高評価。

部屋は、設備やアメニティは充実していたし、ヨーロッパ風でおしゃれな感じだし、ダブルベッドも広くて気持ち良く全体的に満足度は高いんですが、一つだけ気になったことが。それは部屋の形。角部屋で建物の隅切り部分に位置しているので部屋は四角形ではないということ。一部の壁が斜めになっている…三角形の変形といった感じで、とても落ち着かなかったのでした。普段四角形の部屋で生活したり仕事したりしているので、四角形以外の部屋だと安定感がないのかも。なので、4点です。

お風呂、ホテルの温泉はスパと謳っている割には、お風呂の種類が少なかったのが減点要因。でも姉妹館のホテルの大浴場や露天風呂が利用できたので、4点。

夕食は4点。フレンチのコース料理も野菜のブッフェもとても美味しかったので5点!と言いたいところですが、ブッフェのオードブルのお皿にカツオのタタキやハムがあと1、2切れしか残ってない残念な状態で長らく放置されていまして。終了時間間際とかでもなく、お料理を取りに来る人がまだまだいるのに…早めに新しいお料理を持ってきて、残っていた1,2切れを移し替えれば、見栄えも良くてワクワク感が増すのになぁ~と思いながら見てました。
ブッフェのお皿が寂しい感じになっているのって、ブッフェ好きな人からすると、とてもテンション下がるんですよね~

朝食は5点。夕食とは打って変わり、ブッフェのお皿にはたくさんのお料理が盛り付けられている状態で、ワクワク感全開[るんるん] なんといっても、自分でトッピングするスープごはんがめちゃウマ。色々な具をトッピングして卵スープを掛けるんですが、自分でトッピングするお茶漬けバージョンは今までに何度か食べましたが、スープごはんは初めてでした。周りのテーブルの人たちも、『スープごはん、美味しいね~』と言っている声が良く聞こえました。

接客サービスは4点。フロントの対応は普通。夕食時のスタッフさんたちは、お料理やお酒の運ばれるタイミングも良く、おひとり様には端っこの席を用意するなどの配慮もあって、全体的にスマートな接客といった感じ。ラウンジではコーヒーやウィスキーのサービスがあったので良かったです。

癒され度は4点。お風呂がちょっと遠くて気軽に行けなかったのが残念。でも静かでリラックス出来ました。

コスパは4点。部屋のグレード、食事内容からすると、休日おひとり様価格としては妥当かな。

最終日は湯郷温泉から岡山へ。岡山駅でレンタカーを返却して、後楽園と岡山城へ向かいます。
P1010262.jpg
岡山駅で大きな荷物をコインロッカーに預けるつもりだったんですが…コインロッカー難民になってしまいました。何ヶ所かあるコインロッカーをウロウロ探し回ったにもかかわらず、全滅。駅の手荷物預かりもいっぱいでダメ。
キャリーバッグを引きずって後楽園散策はキツイな~、どうしようかな~と思っていたら、後楽園のHPを見ると正門の所にコインロッカーがあるのを発見!
ということでとりあえずキャリーバッグをもったまま、タクシーで後楽園に行きました。

が、なぜか私、タクシーの運転手さんに『岡山城まで』と。。。
後楽園と岡山城は隣接していますが、後楽園の正門は岡山城側とは反対側。タクシーが着いたのは、さらに後楽園側とは反対側の岡山城への入り口。タクシーを降りてから気が付きました。
『??? もしかして、むちゃくちゃヤバいかも』

P1010266.jpgP1010265.jpg
途中で岡山城を見ながら、舗装されていない道をキャリーバッグを引きずりながら1キロ近く歩いて、ようやく後楽園の正門に着きました。
P1010268.jpg
正門の所にあるコインロッカーは運良く空いていて、キャリーバッグやコートを預けることが出来て、やれやれ。お昼過ぎから夕方までガッツリと後楽園と岡山城散策する予定だったので、身軽になれて良かった~

後楽園は、金沢の兼六園、茨城の偕楽園と並んで日本三庭園の一つですね。今回で三庭園、制覇。
P1010269.jpgP1010270.jpg
まだ冬の色合いですが、それでもそれぞれに趣があって、とても落ち着ける空間。
P1010274.jpgP1010275.jpgP1010276.jpg

藩主が後楽園を訪れた時の居間として使われた『延養亭』。
P1010282.jpgP1010283.jpgP1010284.jpg
P1010286.jpgP1010287.jpg
P1010288.jpg
この日はこちらで結婚披露宴が行われていて貸切になっていたので、中は観ることが出来ませんでした。

P1010294.jpgP1010295.jpgP1010291.jpgP1010296.jpg

杉の木立や竹林も庭の一部です。鳥がいましたヨ。
P1010298.jpgP1010302.jpgP1010309.jpg

P1010306.jpgP1010307.jpgP1010308.jpgP1010305.jpg
以前はここが入り江になっていて、藩主が岡山城から舟で渡ってくる船着き場になっていました。雁木が復元されています。

正門から順路通りに歩いて南門に到着。南門から一旦後楽園を出て、岡山城に向かいます。ここを出たところに、先ほどキャリーバッグを引きずりながら歩いた月見橋があります。もう一度、橋を渡って岡山城へ。
P1010310.jpg
今度は先ほどよりもっと近づいて、岡山城を撮影。
P1010311.jpgP1010312.jpg

門をくぐって階段を上がると、広々とした空き地に出ます。
P1010314.jpgP1010315.jpg
P1010319.jpg
空き地ではなくて、『表書院』というお城の執務室があった跡地です。どんな用途の部屋だったのかを書いたプレートがそれぞれの区画に埋め込まれていて、当時のお城の様子を想像してみるのも面白かったですね。

P1010317.jpgP1010318.jpg
岡山城は宇喜多秀家が築城したそうですが、当時の石垣を見ることが出来ます。

P1010333.jpg
表書院があるところも結構な高さで、石垣を上から覗くとけっこう怖いです。

P1010336.jpgP1010337.jpg
表書院からさらにこちらの『不明門』をくぐると…
P1010338.jpgP1010339.jpg
美しい天守閣が真正面に。
P1010340.jpg
岡山城は、大中小の2階建ての建物を重ねた3層6階建ての建物で、不等辺五角形という変わった形をしています。外壁は黒漆で烏のようであったため、別名『烏城』と言われています。
今までに色々なお城を観たことがありますが、これほど形や色のバランスが良くてとても美しいお城は少ないかもしれません。
天守閣は戦争で焼失したために昭和41年に鉄筋コンクリートで建てられたものですが、外観は元の通りに再現されているそうです。

天守閣の中に入ってみました。4階までエレベーターで上がって、5階6階へは階段で登ります。昭和に入ってから建てられたので、現存するお城の急階段とは違って、上り下りしやすくなっています。
P1010349.jpgP1010350.jpg
旭川の向こうに後楽園が見えます。とても素晴らしい眺め。
P1010345.jpgP1010352.jpg

天守閣の中には、お土産物売り場や甘味処などもあります。
P1010355.jpgP1010358.jpg
ちょっと休憩。コーヒー善哉をオーダー。『コーヒーに善哉[exclamation&question]』と驚きですが、意外といけます。

再び後楽園へ。まだまだ見どころがたくさんあります。
P1010360.jpgP1010359.jpgP1010369.jpgP1010368.jpg

P1010372.jpgP1010373.jpgP1010376.jpgP1010374.jpg
『流店』と呼ばれる建物。建物の中に川を作って、涼めるようになっています。よく考えられてるなぁ~

P1010377.jpgP1010378.jpgP1010379.jpgP1010382.jpg
『唯心山』。園内でここだけが小高い丘になっていて、園内を見渡すことが出来ます。
P1010384.jpgP1010385.jpg

桜並木のエリア。まだ桜は咲いてません…[たらーっ(汗)]
P1010386.jpg
P1010417.jpgP1010418.jpg
でも蕾が『もうすぐ咲くヨ~ 待っててね~』と言っているかのよう。
これだけの桜が満開になったらすごいだろうなぁ~と思いながら進んでいくと…見事に咲いた梅たちがお出迎えしてくれました。
P1010365.jpgP1010366.jpgP1010391.jpgP1010406.jpg
P1010392.jpgP1010394.jpgP1010393.jpgP1010400.jpgP1010401.jpgP1010411.jpgP1010412.jpgP1010409.jpgP1010413.jpg
P1010416.jpg
白やピンクの梅たちがほんとに可愛らしいです[かわいい]

P1010423.jpgP1010424.jpg
P1010425.jpgP1010426.jpgP1010427.jpg
先ほど上った『唯心山』と『井田』。庭園の中にも田んぼがあったんですね。

P1010434.jpgP1010435.jpg
池に浮かぶ建物も風情がありますね。
P1010431.jpgP1010430.jpgP1010433.jpgP1010442.jpg
鴨たちが気持ちよさそうに泳いでます。
P1010441.jpgP1010438.jpg
池には鴨だけでなく、たくさんの鯉もいますヨ。色とりどりでとてもキレイ。

P1010447.jpgP1010448.jpg
P1010455.jpgP1010454.jpg
名前はわかりませんが、とても絵になる鳥も。
P1010464.jpg
なぜか、鶴もいます。
P1010467.jpg
後楽園の正門を出たところにある柳。いいですね~

後楽園と岡山城、たっぷり時間を使って楽しむことが出来ました。ただ歩いて散策するだけでも、驚きや感動があってとても素敵な時間になりました。

岡山駅に戻ってから新幹線の時間まで余裕があったので、早めの晩御飯。サンマルクカフェの系列の石焼チャーハンのお店で、明太子チャーハンと麻婆豆腐のセットを頼みました。
P1010468.jpgP1010469.jpg
麻婆豆腐は四川風で、めちゃくちゃ辛かったけど美味しかったです。石焼明太子チャーハンも美味。

今回の旅は、観光は1日一ヶ所とあちこち移動することはなく、全体的にゆったりとリラックス出来る旅になりました。これくらいがちょうど良いかも。

P1010470.jpg
今回のお土産。七塚原SAで買った揚げ天やちくわと尾道ラーメン。どれも次の日には無くなってしまいました…[わーい(嬉しい顔)]
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

免疫力アップ大作戦!㊱広島・岡山2日目 [旅行]

広島岡山旅行2日目。この日も良いお天気になりそうな朝の宮島。
P1010202.jpg
P1010205.jpgP1010206.jpg
まずは朝食の前にお風呂です[いい気分(温泉)]

朝食は前日とは違う茶室のお部屋で。完全な個室で、窓からは朝日がキラキラと光る瀬戸内の海を見ながらの朝食です。
P1010224.jpgP1010208.jpg
P1010210.jpgP1010209.jpg
P1010225.jpg

P1010213.jpgP1010219.jpgP1010217.jpgP1010218.jpg
湯豆腐、鯛の蒸し煮。シンプルなメニューですが、どれも上品な味付けでとても美味しかったです。ゆで卵も半熟加減が最高。
P1010216.jpgP1010214.jpgP1010220.jpgP1010221.jpg
ご飯がやっぱり美味しい[exclamation] あまりにもおいしいので、お代わりしましたヨ。

P1010222.jpgP1010223.jpg
デザートのフルーツもとってもジューシー。
夕食と同様に一品一品が工夫されたお料理で、朝から大満足です。

朝食の後は、再び露天風呂へ。チェックアウト時間ぎりぎりまで、のんびりしました。至福の時間。

それでは、こちらのお宿旅籠桜さんの採点です。
部屋5、お風呂4、夕食10、朝食5、接客サービス5、癒され度5、コスパ4
総合評価は…5.4[満月][満月][満月][満月][満月][三日月][三日月]
5点満点を越えちゃいました~[ぴかぴか(新しい)]
じゃらんの口コミでは4.9と、こちらも高評価です。

5点満点越えの10点は夕食。
これは前日の記事で書いた通り、絶品の一言。味も見た目も、感動的な驚きの連続でした。
この免疫力アップ大作戦!の旅に行き始めて泊まったお宿は約100軒ですが、夕食で10点をつけたのはこちらで2軒目です。ちなみに1軒目のお宿には、来月再訪予定です。

5点満点は、部屋、朝食、接客サービス、癒され度。
部屋はちょうど良い広さで、縁側から見える宮島と瀬戸内海の景色が素晴らしかったです。座り心地の良いソファやPCを使うのにちょうど良い高さのテーブルがあったり、備品やアメニティも充実していて、使い勝手の良い部屋でした。
朝食はさっき書いた通り。静かな茶室で瀬戸内海を見ながら戴く朝食、とても美味しかったです。
接客サービスは、やはり全4室という小さなお宿なので、気配りがとても心地よいお宿でした。若女将の人柄も良く、嫌だな~と思うことが一切ありませんでした。
癒され度も、大きな温泉やマッサージはないけど、部屋にいるだけでほんとにリラックスできて、とても居心地の良い時間を過ごすことが出来ました。

4点はお風呂とコスパ。
お風呂は、前日の記事に書いたように、完全な掛け流しでなかったことが減点要因。でもラドン温泉でお湯自体はとても良くて、何度も入りました。
コスパ、このお料理の内容と露天風呂付のお部屋ということなら、休日のおひとり様価格としては妥当なところかな。あと10千円安ければ、文句なしの5点です。

宿を出る時、若女将だけでなく、大女将と料理長と大女将の御主人…と全員にお見送りしていただきました。
とにかくいいお宿を見つけた[ひらめき]と大満足であります。必ず近いうちに再訪したいです。

この日は宮島から一気に岡山の湯郷温泉まで車を走らせます。移動距離は255㎞、広島県の西端から岡山県の東端までをほぼ横断します。山陽自動車道から広島自動車道、中国自動車道と高速をひたすら走ります。途中の七塚原SAで休憩タイム。
P1010226.jpg
りんごソフトです。やっぱりソフトクリーム、1回は食べないと。

湯郷温泉に到着。宿へのチェックイン時間前だったので、現代玩具博物館・オルゴール夢館へ。
P1010227.jpg
世界の玩具やオルゴール、オートマタなどが展示されています。
おもちゃツアーというイベントでは、外国製のおもちゃの遊び方を、解説しながら実際に目の前でやってくれます。色々な工夫がされているおもちゃがたくさんあって、小さな子供も喜べますが、大人も十分に楽しめます。
P1010228.jpgP1010229.jpgP1010230.jpg
オルゴールの演奏会も定期的に行われています。40分ほどで数種類のオルゴールやオートマタを実演してくれます。こちらも館員の方の解説が分かりやすく、演奏を楽しめました。
P1010231.jpgP1010232.jpg
左側のオートマタは『ピエロエクリバン』というからくり人形で、手紙を書きながらウトウトする様子がとても可愛らしいです。瞼が落ちて、ほんとうに眠そうですヨ。
右側は『月の上のギター弾き』。お月様の表情がステキ[わーい(嬉しい顔)]
人間の創造力はすごいなぁ~と。

こちらの博物館では、展示だけでなく楽しいおもちゃもたくさん売っています。それらを見ているだけでも結構楽しめました。

ホテルのチェックイン時間になったので、この日のお宿『ポピースプリングス』さんへ。
P1010246.jpgP1010239.jpg
ヨーロッパ風の建物で、リゾートな感じ。
P1010233.jpgP1010234.jpgP1010237.jpgP1010235.jpg
部屋も洋風で、お洒落な感じです。ダブルベッドが広い[exclamation]

湯郷温泉街ではお雛祭りのイベントをやっていたので、お宿の姉妹館『湯郷グランドホテル』のお風呂に行くついでにお散歩しました。
P1010240.jpgP1010243.jpgP1010247.jpgP1010244.jpg
街の中にたくさんのお雛様が飾られています。缶ビールで作った風鈴も。
P1010242.jpg
湯神社の参道階段のお雛様。圧巻ですね。

湯郷グランドホテルの大浴場と露天風呂に入った後は、ホテルの部屋でのんびり。

夕食はレストランで、フレンチのコース料理と野菜やオードブルのブッフェ。おひとり様に配慮して、一番端の席を用意していただきました。
P1010249.jpg
最初のお酒は、スパークリングワインから。
P1010250.jpgP1010252.jpg
野菜やオードブルのブッフェ。有機野菜ブッフェとアピールしているだけあって、野菜がほんとに美味しかったです。大根のスープも美味しかった[るんるん]

こちらからはコースのお料理。
P1010251.jpg
ヤマメのコンフィ。焼き加減がちょうど良くて、美味しかったです。

P1010253.jpg
手長エビと鯛、帆立のお料理。

P1010255.jpg
パンは胡桃パンとロールパン。

ここで白ワインシャルドネを。

P1010256.jpg
メインのお肉料理は、地元の奈義ビーフのロースト。
この頃にはお腹がいっぱいで、美味しかったけどけっこう完食するにはしんどかった…それでもソースの他に香味サラダやレモンがアクセントになって、色々な味を楽しめたので何とか全部食べました。
それにしても。この日の食事は朝食でご飯をお代わりしたものの、お昼はソフトクリームだけ。宿に着いてからも何も食べてない…あ、ビールは1缶飲んだけど。夜のためにお腹を空かせているはずなのに、なんで食べられないのか… 最近、以前よりも食べられなくなってきているような気がします。。。

P1010258.jpg
P1010259.jpgP1010260.jpg
デザートはフルーツのブリュレ。お腹いっぱいだけど、美味しくて一気に食べました。
そしてコースのデザートだけでなく、ブッフェのデザートもあります。自家製プリンも美味しかった~[るんるん]

満腹になり過ぎたので部屋で安静にしてから、宿のお風呂へ。夜の10時過ぎに行ったのにけっこう先客がいました。が、とても気持ちの良いお風呂でした。

3日目へ続く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -