So-net無料ブログ作成

ワディム・レーピンさんと握手した!! [観ル・聴ク・読ム]

11月30日シンフォニーホールへ。待ちに待ったワディム・レーピンさんのヴァイオリンリサイタルに行ってきました~!!(*^_^*)今回はドタキャンにはならず、初めて海外の有名演奏家の生演奏を聴くことができました~
今回の来日では大阪の他に福岡と東京でリサイタル、その他にもオーケストラとの演奏会もあったようです。

今回のプログラム  ピアノ:イタマール・ゴラン
Ⅰ.ドビュッシー/ヴァイオリン・ソナタ
Ⅱ.プロコフィエフ/ヴァイオリン・ソナタ第1番へ短調Op.80
Ⅲ.ベートーベン/ヴァイオリン・ソナタ第9番イ長調Op.47「クロイチェル」
アンコール曲:チャイコフスキー/ワルツスケルツォOp.34
        :ショスタコーヴィチ/24の前奏曲Op.34より第5番
        :ブラームス/ハンガリー舞曲第7番

どの曲もすごかったけど、なんと言っても一番興奮したのはやっぱり『クロイチェル』!この演奏会のチケットが取れてから、アルゲリッチと協演した2007年録音のCDを買ってしっかり予習しました~。今回の演奏はCD版よりもテンポがかなり速かったかな。ほんとはもう少しゆっくりめのテンポの方が好みだけど。
それでも、聴き応えがありました。良かったァ~(*^_^*)

そして演奏会のあと、会場でCDを買った人にはサイン会があるとのことで……なんと、レーピンさんと握手してもらいました~!!
サインをもらう時、“It was a very splendid performance.I was impressed very much!”と事前にプログラムに書いた文章を読んでもらいました。(携帯電話のYahoo!の翻訳機能で英訳しました。便利な世の中になったもんだ~)すると彼は“アリガト。Thank you!”って笑ってくれました。
レーピンさんは背が高くて体格も大きいので、ステージ上ではちょっといかついイメージだったけど、実際に間近で見ると目がとても優しくて、笑った顔もかわいい感じの人でした。すっかりファンになってしまいました。。。

レーピンさんは約20年ほど前に『ソ連の神童』と言われ、日本でもメジャーになったそうです。(その頃の私はヴァイオリンには興味がなかったので、ぜんぜん知らなかったけど) 
昨年公演がドタキャンになったマキシム・ヴェンゲーロフさんはレーピンさんのおとうと弟子だそうです。。。そう言えば、ヴェンゲーロフさんは腕の病気のためにヴァイオリニストを引退するらしいのですが(すごく残念)。ヴァイオリンっておばあちゃんになっても一生弾けると思っていたけど、引退せざるを得ないこともあるんですねぇ。
レーピンさんには、いつまでも頑張ってほしいな。そして、また演奏会に行ってみたい。






nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 5

にゃんこ

こんにちは。

私もレーピンさんのコンサート,行きました!
私も,クロイツェルが一番のお目当てでした。
ピアニストのゴランさんの熱い演奏が好きなので,
ピアノとバイオリンのかけあいが堪能できて,大満足です。

演奏後のサイン会,あったのですね。
知らなかったので,さっさと帰ってしまいました。残念。

2つのバイオリン,着々と仕上がっているのですね。
私は,かなり苦戦していて,弾きにくいポイントがいくつもあって,
いくら練習しても,ちっとも弾けるようになりません。
弾けない箇所を何百回も繰り返し練習するんですよ!!
と熱く教えられてはいますけど。
最後には,先生と一緒に弾いて締めくくるのだとか。
考えただけで,身が縮こまります。

まあ,定年退職後の楽しみを目標に始めたバイオリンなので,
のんびり,ゆっくりやっていこうかな,
なんて,既に逃避思考に入りつつあります。(笑)

by にゃんこ (2008-12-09 22:39) 

ももん

にゃんこさんも、レーピンさんの演奏会行かれたんですね!確かに、ゴランさんのピアノも情熱的な演奏でしたね。

ゴランさんといえば、サイン会で私の前にいたおじさんがゴランさんにCDにサインしてもらおうとしたら、“No~!”って拒否られてました。
たぶんあれはレーピンさんのCDで、ゴランさんとの協演じゃなかったからだと思います。。。すごく失礼なことだよなぁ~って(^^ゞ

2つのバイオリン、最後に先生と一緒に弾くんですか~!!
それは知りませんでした。先生のところでは合奏は一度もしたことがないので、けっこう楽しみです。。。

“弾けないところは何百回も弾く!!”って、私も言われ続けているけど、なかなか出来ないですよねぇ。
ヴァイオリンは“趣味、楽しいこと”なので、自分のペースで楽しみながらやるのが一番だと思います。弾けなくて苦しい時も、そう思うようにしてます。

ところでにゃんこさん、11月30日はレッスンでしたか?私の前の人が、2つのバイオリン弾いておられたような気がしたんですけど・・・
私はレーピンさんの演奏会のちょっと前のレッスンだったんですよ。



by ももん (2008-12-10 18:59) 

にゃんこ

ももんさん、こんばんは。
11月30日の人は、私ではありません。
ちなみに、次のレッスンは、12月14日です。

2つのバイオリン、先生との合奏、楽しみなんですか~!?
すっ、すごいですね!!
私なんか、それを聞いた瞬間から、もう、
どうしよう~って、青くなっています。

前々回のレッスンの時、楽器の音慣らしに、
先生が少しだけソロで弾いてくださったのですけど、
それはそれは、きれいな音色で、
その音色と一緒に、ボロボロな1stを弾くのかと思うと、
もう、参りました、って感じです。

ところで、先生、最近、とってもゴキゲンなんです。
何かいいこと、あったのかな~?

by にゃんこ (2008-12-10 23:53) 

ももん

私は月に1度か2度しか会わないので、なんとも言えないですけど・・・まあ、たしかに先生のご機嫌はいいかも。

私の次のレッスンは28日です。今年のレッスン納めです。。
by ももん (2008-12-12 19:37) 

SL

最近サラサーテのスペイン舞曲の素晴らしさに魅せられて、仕事の合間にヴァイオリンをバックグラウンドミュージックにしてますが、レーピンのCDもどんなもんかと購入。まーテクニックは凄いようですが、ちょっと叙情感が..もそっとしっとりした音色がいいですが。もっぱら昔のフェラスの演奏もので聴いてます。
by SL (2014-03-27 13:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0