So-net無料ブログ作成

龍馬伝が、終わった [観ル・聴ク・読ム]

龍馬伝の放送が終わった。

この龍馬という人、このドラマの通りなら、この人のお陰で、今の私たちがいるってこと。

もしこの人がいなかったら。
もしこの人が、武士の世の中を終わらせる役目を、文明開化の道筋をつけなかったら、今の私たちの生活はどうなっていたのだろう。

でも、歴史のことを考える時、“もし”はない。
起こったこと全てが、事実。
誰にも、変えられない。


龍馬がなぜ暗殺されたのか。
誰が犯人か。

龍馬伝では、市川亀治郎さん演ずる今井信郎が実行犯とされましたが。
実は、暗殺犯については、巷の龍馬ファンの最大の謎とされてます。

龍馬伝の中では、亀治郎さん演ずる今井信郎の中に正義がありました。
武士としての正義。

暗殺犯は悪意ではなく、正義を全うしたと。


それって。


この前、電車の中で、司馬遼太郎さんの“竜馬がゆく”を読んでいるおじさんがいました。
そう言えば、私は読んだことがないので。

こんなに、自分のことを考えずに、ひとつの目標に向かって邁進できる精神力のある人物のことを知って、自分の中にその強さを取り込みたいという気も。

今の自分に、一番必要なことかもしれないから。


ちょっとばかりシナリオライターの勉強をした身から言うと、
今回のNHK大河ドラマの龍馬伝は、
岩崎弥太郎の目線で物語が進行したことについては、物語としては面白い観点ではあるけど、やはり香川照之さんの演技が凄すぎて、龍馬の人としての凄さがボケてしまった気がする。


でも、やっぱり、福山雅治がかっこ良過ぎて。
現在過去未来、たくさんの俳優さんによる『坂本龍馬』が演じられたとしても、
福山雅治さんの龍馬を超える俳優さんは、
もう出ないと思う。

ちなみに、
物語の進行役となる岩崎弥太郎の最期のシーンが、この大河ドラマのラストシーンとなったのは、凄く残念なこと。
これでは、どちらが主役のドラマか分からなくなる。

なかなか良い脚本だったのに、はっきり言って、最後の最後、終わり方がつまらなかった。
岩崎弥太郎のことではなく、
龍馬が亡くなった後の、明治政府が出来るまでの、各登場人物の動きとか思惑をみんな知りたかったのではないかな。

そこが全くすっ飛ばされたので、
最後の最後、はしごをはずされた感じになった気がします。


『龍馬がゆく』、読んでみようかな。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

たかあさ

家のもの入れに旦那の司馬遼太郎のがあると思います。
ちなみに三国志も全巻あるわ。
by たかあさ (2010-12-14 14:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0