So-net無料ブログ作成

ハーセプチン6回目 [乳がんなんて吹っ飛ばせ!]

金曜日午前中、ハーセプチン投与のため病院へ行ってきました。
前回は午後の仕事にぎりぎり滑り込みだったので、今回は少し早目に行きました。

8:40受付。早めに行ったつもりが、いつもの9時半頃と同じくらいに待っている人が。9時に診察開始なのに、みんな早いですねぇ。

9:05血圧と熱を測るために看護師さんに呼ばれました。そして診察室の前で待機。・・・?もしかして今回は採血がないのかも?前回先生が『ハーセプチンは抗がん剤じゃないので、毎回採血しなくてもいいですよ』と言ってたっけ。。。

9:40診察室へ。やっぱり今回は採血は無しということで。これはかなりウレシイ。
最近は手のしびれも若干残ってはいるものの、あまり薬を飲みたくなくて、リリカをほとんど飲んでなかったのでした。先生にリリカをあまり飲みたくないってこと言おうかなぁ~と考えていたけど、まだ少ししびれが残っていると言ったら、先生は『もうそろそろリリカを止めてもいいんだけど、しびれが残っているならもう少し続けましょう』と。 やっぱりちゃんと飲まないとしびれは消えないのかな。。。

それから今回から新しいお薬を始めることになりました。ホルモン治療のお薬です。
薬のことについては、別の記事で書きますね。

9:45化学療法室へ。今回はいつもより1時間位早い時間だったので、ベッドが一つ空いているだけでした。診察開始時間早々に始めている人が多くて、これまで私が部屋に入った頃には既に点滴が終わっている人が多かったってことですねぇ。
なので、部屋に入ったものの、私より前に入った数人の準備も出来ていなかったので、点滴開始まで30分以上待ちました。
それでも今回は点滴の針刺しも1回でスッと入り、スムーズに。前回は合計5回も針刺されたのに今回は1回のみ。むちゃくちゃ嬉しかった。。。

11:00点滴終了、会計へ。・・・なんと、お会計0円。今月は2回目なので高額医療費に引っかかるから?以前にも同じようなことがありました。

11:05調剤薬局へ。7~8人待っていたので、30分待ちでした。でも今回は時間的にかなり余裕があるので、新しいお薬の説明もゆったりと聞くことが出来ました。

それと。この薬局の近くには眼科もあるようで、盲導犬を連れた盲目の年配女性が順番待ちをされてました。今話題になってますよね、盲導犬。なかなか近くで見ることが少ないけど、とても大人しく女性の傍らに寝そべっていました。
この女性の隣に、同く盲目の年配女性が後から座られて、2人が盲導犬のことや日常生活のことなどを話しているのが聞こえました。その話の内容がとても興味深い内容だったので、30分の待ち時間も苦になりませんでした。
彼女たちが話していたのは、盲導犬を依頼するにはどうすればよいかということ。細かく書くと長くなりそうなので簡単に書くと、パートナーとして決まるまでには長い道のりがあるってことのようです。
飼い主さんの家庭環境や性格などの審査があって、合格すれば日常生活や行動範囲などの調査があって、それに見合った盲導犬が選ばれるそうです。ただ、飼い主さんとの相性もあるので、申し込んでから何年も待たないといけない場合もあるそうです。
そうやって決まった盲導犬のお世話は、必ず本人がするそうです。目が見えないのに犬の世話をするなんて大変だなぁ~と思いますが、世話をすることによって誰が主人かということをはっきりさせる必要があるんでしょうね。

こういう貴重な話を聞いているうちに、私の順番が来ました。11:30に終了。
今回はゆっくり昼食をとる時間もあって、余裕のよっちゃんでした。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0