So-net無料ブログ作成

告知から丸1年経ちました [乳がんなんて吹っ飛ばせ!]

昨年のちょうど今日、乳がんの告知を受けたのでした。
この1年、あっという間だったなぁ~

1月は、乳がん告知を受けて動揺。近しい人や会社の人たちにも病気のことを伝えて、がんであることを受け入れるのに必死な毎日。でもボーっとしていられない。病気のことを調べたり、入院や会社を休むための準備に追われたりと、けっこう忙しく過ごした。

1月の終わりに全摘手術をして、2月は2週間の入院と自宅療養。なーんにもせずに、のんびりと過ごした。

3月は、抗がん剤の副作用で脱毛が始まったので、その対処に一喜一憂する日々。半ばには仕事に復帰して、日常の生活が戻ってきた。月末にはヴァイオリンレッスンも復帰出来た。

4月も、抗がん剤の副作用はそれほど酷くなかったので、第1回目の『免疫力アップ大作戦!毎月温泉の旅』を決行。

5月から7月は抗がん剤パクリタキセルの副作用がきつくて、痛みに耐えられず、夜も眠れない日を過ごすことが多かった。会社もよく休んで、上司や部下たちに迷惑を掛けた。

8月以降は抗がん剤治療が終わって、3週間毎のハーセプチン+ホルモン治療となったので、病気治療の負担感がほとんど減り、病気になる前の日常生活に戻った。10月に人事異動が出て、仕事の内容が少し変わり、仕事量は増えたけど精神的には楽になった。有休がほとんどなくなったので、ハーセプチン点滴の日に午前半休を取る以外は1日も休まず、夏休みも取らず、頑張って会社に行った。

そして12月、忘年会や本部の人たちが来ての飲み会などが多かったので、とにかくたくさん人と話したり、笑ったりして、楽しい時間を過ごすことが多かった。

4月から始めた毎月温泉旅行も、今のところ続行中。来月で10回目になる。会社の人たちにも毎月旅行に行っていることを話してあるので、私が楽しそうに旅行の話をするのを聞いてくれる。

もう自分自身も周りの人たちも、私が乳がんであることを忘れているような感じ。・・・というよりも、『治った』『元気になって良かった』と思ってくれているようです。

そう言われてみれば、今は治療中だけど、正確には術後の再発予防のための治療なので、がんはもう私の体の中にいないかもしれない。ということは、『治った』ということなんだなぁ~ 

再発するリスクはずっと消えないけど、今は『治った』と思えばいいか。

1年前の年末年始は夜も眠れず、最悪な帰省になってしまったけど、明日からの1週間は実家に帰ってのんびりとリフレッシュしてきます。
来年の今頃も、同じように『治った』と思っていられればいいな。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0