So-net無料ブログ作成

肝臓エコー [乳がんなんて吹っ飛ばせ!]

前回、ホルモン治療の薬をもらうために診察に行った時、先生から『肝臓の専門医に診てもらってください』と言われたので、肝臓専門の内科に行ってきました。

肝臓の状態を表す数値には、AST(GOT)、ALT(GPT)などがありますが、この値が高いと。
人間ドックでは以前から脂肪肝と診断されていたんだけど、最近の血液検査では、ALT(GPT)よりもAST(GOT)の方が高いので、脂肪肝以外の原因が考えられるとのこと。
ホルモン治療の薬が原因か、あるいはそれ以外の肝炎などの可能性もあるので、専門の先生に診てもらってくださいと。

会社もなかなか休めないので、夜や土曜日診察をやっているところをネットで探してみると、最寄駅近くにありました。なんと、この前受診した皮膚科と同じビルのすぐ上の階[ひらめき]
会社帰りにも行けるし、家からも歩いて行けるので、さっそく行ってきました。

昨年の秋に開業されたばかりの新しいクリニックで、2時間待ちの下の皮膚科とは違って、まだまだ患者さんが少なくて、待ち時間はほとんどなくてラッキー。

先週は問診と血液検査、そして昨日、腹部エコーをやってもらって、結果を聞きました。

血液検査の結果は、以前病院でやった結果とほとんど変わらず、同じようにALT(GPT)よりもAST(GOT)の方が高い。やはり、脂肪肝以外の原因の可能性があるとのこと。
ただし、考えられる病気、自己免疫性肝炎を示す数値には異常はなく、B型肝炎、C型肝炎等の数値も異常がない。
エコー検査でも、肝臓の異常は見られないとのこと。

もう一つ考えられることとして、胆のう摘出をしているので、残った胆管に胆石がつまり、肝臓の流れが悪くなっているという可能性もあるとのことでしたが、胆管の腫れもなく、異常は見られなかったとのこと。

・・・ということで、今の段階では脂肪肝以外の肝臓疾患は認められないが、血液検査の異常の原因も良く分からない、ということでした。もしかしたら、やはりホルモン治療の薬の影響なのかもしれないが、そう断定できる決め手もないと。
なので、しばらく経過観察するということに。

次に乳がん治療の先生に診てもらう前に、もう一度血液検査をしましょうとのことで、1ヶ月後に再検査をすることになりました。

ALT(GPT)やAST(GOT)の数値を下げる薬もあるそうですが、原因を特定して対処する方が大事なので、薬は処方しないとのことでした。

原因が分からないのは不安だけど、とりあえず重篤な肝臓の病気ではないようなので、とりあえず一安心。
それにしても、抗がん剤の治療が終わって採血も終わった~と思ってたのに、まだまだ採血から逃れられませんねぇ~(^_^;)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0