So-net無料ブログ作成

パールマンのリサイタルに行ってきましたよん [観ル・聴ク・読ム]

パールマンのリサイタルに行ってきました。
今回で2回目です。

愛知県芸術劇場コンサートホール、席は2階席の1列目でした。ほぼ満席。
年配のおじさまおばさまが多い中、小・中高生の姿もちらほら。チケット代はS席で15,000円とお高いにもかかわらず、未成年でも聴きに行けるなんて、幸せですね~

今回のプログラムは知っている曲と知らない曲の半々といったところ。
メインプログラムは、ベートーベンのスプリングソナタ。
パールマン演奏のCDも持っていて、よく聴いているけど、やっぱり生で、目の前で演奏しているのを聴けて、とても興奮しました。
この曲は、いつか挑戦してみたいので、曲を聴くというよりもボーイングの動きばかり観てました。
パールマンは、足に障害があって車椅子に乗っておられるので、当然演奏も座ったままです。通常、オケも座ったままで演奏することが多いのですが、ソロで演奏する時は、やぱり立って演奏する人の方が多いですよね。立って演奏する方がリズムが取りやすく、感情表現も体で表しやすい気がします。
なので、座って弾くのは難しいだろうなぁ~と思うのですが、パールマンはまったくそんな難しさを感じさせない演奏。
動きの激しい曲でも、ボーイングには無駄な動きが一切なくて、右腕の動きがとても小さいことに驚きでした。私など、『腕の動きが大きすぎる!』と、先生によく注意されます(^_^;) 
次のフレーズに移る時、何にも考えずに無駄に弓を運んでしまいます。パールマンの右手の動きを見て、とても勉強になりました。

今回の日本ツアーは、パールマン生誕70年の記念ツアーとのこと。
70歳でも、まったく演奏技術は衰えていないようです。

スポーツや資格の勉強などは、加齢とともに衰えていくことの方が多いですが、音楽はそうではないようです。加齢ということは、その分練習量が増えるということ。練習した時間が長ければ長いほど、良い演奏になるってことです。
音楽って、年をとっても長く続けられるんだなぁ~と思いながら、聴いてました。

次に日本で演奏会があるのは何年後か分からないけど・・・まだまだ現役で頑張ってほしいですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0