So-net無料ブログ作成

レッスン207回目 [ヴァイオリンのこと]

7月10日、大阪でのレッスンです。

前回と同様に前日に梅田で泊まって、ひとりカラオケ・・・しかも二日連続[exclamation](^_^;) 2日間で100曲近く歌いました。ここまで行くと、もう病気ですね~

音階は、いつも通り。

『MAZAS Op36-1』 今回から25番。
重音のエチュードなので、まずは音を分解して音を確認してから、2音同時での練習。
前半部分まで。
弓の根元で軽く軽く弾くこと。重音だとどうしても力が入ってしまいます。

『モーツアルト コンチェルト第5番』第3楽章。
とにかく、散々な出来で。先生に怒られまくり・・・[たらーっ(汗)]
『なんでゆっくりの練習をしないの[exclamation&question] 僕はこれまでにも何度も言ってるよね[むかっ(怒り)]
『弾けない所は、そこだけ徹底してゆっくり弾いて、何度も練習すること[exclamation]
『ゆっくり練習出来ている人は、最後まで進むのは時間が掛かっても最後にはすごく上手に弾けるようになるけど、ゆっくりの練習をしていない人は、何となく全体を通して弾けるようになるけど、細かい所が全然できていないから、いつまでも上手くならないんだよ。けっきょく遠回りですよ』
『今日でモーツアルト終わるつもりだったのに、もう一回やんないといけないよ~』

いつも注意される移弦の遅いところを、超スローで何度もやると、3分ほどできちんと弾けるようになり・・・
『練習時間の多さのことを言っているんじゃなくて、たとえ10分しかなくても、出来ないところだけを何度もゆっくりやればすぐにもっと上手くなりますよ。今だって、たった3分できれいに弾けるようになったでしょ[exclamation&question]

と・・・毎回同じことを言われ続けて、とにかく凹みました。

なかなかヴィターリにのシャコンヌが近づいてきません。。。[あせあせ(飛び散る汗)]

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0