So-net無料ブログ作成

先生から電話が [乳がんなんて吹っ飛ばせ!]

先日の乳がんの術後定期健診で発覚した驚くべき出来事について、このブログにも書きましたが、今日新たな展開がありました。

昨日、登録していない番号から2回も着信があったので調べてみると、乳がん治療でお世話になっている○○病院からでした。『もしかして、先日の検査結果に間違いがあったとか…[exclamation&question]』とドキドキしましたが、エコーや胸部X線の画像は私も実際に見たので、間違いってことはないだろうし…もしかしたら、辞められるO先生かなぁ~と。

電話に気が付いたのは夜だったので、今日はすぐに出られるようにスマホを手元に置いておいたら着信が。急いで出ると、やっぱりO先生でした。
『ももんさんの携帯ですか? ○○病院のOです』
『あ~、こんにちは~』
『今、少し時間大丈夫ですか?』
O先生が休診の時に診察に来た患者さん全員に、状況の説明のために電話をしているそうです。

土曜日の診察時には院長先生からはO先生が辞められることの説明はなく、予約制になるということだけを説明されました。その後の調剤薬局で、初めてO先生が辞められるということを聞いて、びっくりしたのでした。薬剤師さんの話では、O先生の長期研修が終わったので、元の病院に戻られるということで『円満退職のようですよ』と、聞いていました。
が、先生から直接聞いた話によると、どうもそうではないようで・・・((+_+))

年末に私が受診した時は、まだ先生も○○病院の入院病棟がなくなり業態変更することを知らなかったそうです。年明けに初めて聞いたそうで、理由は看護師さんが大量に辞められたからとか[exclamation×2]
入院病棟を維持出来ないほどに、一度に辞められたようで…
そういえば、土曜日の受診の時も、見知った看護師さんは一人しかいなかったなぁ~
『看護師さんが一度に辞められたけど、また別の看護師さんを採用すると思ってたら、入院病棟をなくすことになったので、僕も辞めることになったんです・・・(>_<)』
先生は乳がん治療専門医の研修のために来られているので、手術や治療をしない検診専門のクリニックにいる必要がなくなるんですね。

そうだったのか~ 
O先生は研修期間が終わった訳でなく、病院の都合で辞められるのか~ それは、リストラってことじゃないか~
かなり、ショックでした。

『もしも再発や転移しても、○○病院では治療出来ず、別の病院に転院しなければならなくなります』
『予約制になると聞いておられると思いますが、僕の代わりの先生は来られないし、院長先生の患者さんも多くて、予約が取りにくくなるかもしれません』
『院長先生は薬を2ヶ月分しか出してくれないので、2ヶ月毎に受診しなければならないのに、予約が取りにくくなったら大変だと思います』
『なので、これまでも遠方から来られていて、僕の戻る病院に通うのと変わらない方には転院をお勧めしています。でも○○病院から近い所の方も、もし予約が取りにくいとか、診察のことで不安なことがあったりしたら、僕の所に来ていただいていいですよ』

O先生の患者さんのカルテや画像データは、戻られる病院に持っていかれるとのこと。
ちょっと間違えば、転職先の病院に前の病院の患者さんを連れて行くってNGなことだとも思うけど、O先生の話ぶりは、自分のことよりも自分の患者さんたちのことを心配してくれているということがすごく伝わってきて、聞いているうちに泣きそうになってしまいました。
主治医が患者を途中で放り出すような事態になってしまったことに、先生も心を痛めているということが。

O先生、普段は無口で無駄口も叩かない先生だけど、時々先生の感情がふと見える瞬間もあって、嫌な先生だと思ったことは一度もありませんでした。威圧的でもないし、私が変な質問をしても、真面目に答えてくれるし。
院長先生は対照的におしゃべりで親しみのある感じの方ですが、受診したのは土曜日が初めてだったので、実際のところはどんな先生なのかよく分からないし。

看護師さんたちが一度にたくさん辞められた理由は分からず、不安なところはありますが、でもやっぱり病院が近いというのは捨てがたい。
それに、戻られる病院では先生は土曜日は担当されず、平日の2~3日とのことなので、転院するとしたら、平日に休みを取って行かなければならない。。。
ホルモン治療薬を処方してもらうのと定期健診だけなら、どこの病院でもどの先生でもいいかも…と思うけど、もしも再発したら、全然知らない病院に行くよりも、O先生の方がいいし。。。ならば、先生から誘っていただいているうちに、転院した方が良いかも。。。

と、かなり迷っております。
が、とりあえず、○○病院が予約制になってどうなるかしばらく様子を見てから、転院するか考えることにしました。それにもしかしたら、私自身が名古屋を離れる可能性も近いしなぁ~
O先生にはそのように伝えました。

先生について転院するかまだ分からない状況で、もう先生とはお会いしないかもしれないので、ちゃんとお礼を伝えました。
『3年間、本当にありがとうございました』と。
先生は『困ったことがあったら、いつでも言って来てください』と言ってくれました。

じわ~ぁん。
ご自分も急に病院を辞めなければならなくなって、元の病院に戻られるといっても色々と大変だと思うのに、主治医としての責任を全うされようとしておられて、本当に誠実な先生なんですね。
これまで主治医と言えるほどに長期間にわたって同じ先生に診ていただいたのは、O先生が初めてだったので、寂しいです。。。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0