So-net無料ブログ作成

待ち時間が減りました [乳がんなんて吹っ飛ばせ!]

5月13日、乳がん治療でお世話になっている病院が入院施設無しのブレストクリニックに変わり、これまでの主治医の先生がいなくなってから、初めての検診でした。

病院がクリニックになり、主治医の先生が変わったことで、大きく変化したことが3つあります。

一つはWEBで診察を予約出来るようになったこと。これはとてもプラスの変化になりました。以前は予約制ではなくて受付順だったので、受付を済ませてからほぼ1~2時間近くずっと待たなくてはいけませんでした。なので待合室には50名近くの人が待っている状態でした。診察開始時間は9時からですが、早い人だと7時台には受付にやってきて順番取りする人もいたようです。
それが、この4月からWEB予約のみになり、時間を区切って予約することが出来るようになったのです。予約した時間に行っていると。。。なんと、待合室で待っていた人は5人以下。受付から診察に呼ばれるまでの時間も10分程度と大幅に短縮。かなりビックリしました~

二つ目の変化は、病院が建替えられること。診察を続けながら建替えるため部分的な工事のようですが、待合室がこれまでの半分の広さになってました(;'∀') 待っている人も少なくなったので、窮屈感はありませんが。入院した時の病室はドアが前後に開閉するタイプだったりと、今の建物はかなり古いんですが、2週間近く過ごした場所なので、それがなくなってしまうのはちょっと寂しいです。。。ただ、工事が進んでどんな新しいクリニックになるのか、楽しみでもあります。

三つ目は、主治医の先生が、血液検査やCT検査の結果について細かく説明してくれる先生に変わったこと。以前の主治医は口数が少なくて、最低限のことは説明してくれましたが、ちょっと物足りない感じでした。今回の先生は院長先生なんですが、とにかくよくしゃべる先生で親しみのある感じ。細かいところまで説明してくれたり、こちらからも質問しやすい先生でした。

3月に以前の主治医の先生から電話をもらって、もし予約が取りにくかったり、主治医が変わるのが嫌だったら転院先の病院へ来てもらってもかまわないと言っていただきましたが、とりあえずはこのままこちらのクリニックでお世話になろうと思います。
ただ、再発や転移が見つかったら、ここでは治療が出来ないので転院するしかないですが。。。そうならないように祈るばかりです。

そして今回は血液検査の他に、前回の定期健診で腹部CTを撮っていなかったので撮りました。
再発や転移は見られず、とりあえず一安心ですが…
肝臓の数値が悪いのは相変わらず。さらにヤバいのは、糖尿の数値も悪いと・・・
先生から『危険信号だからね、運動すること!』と。
もう一つ気になるのは、CT画像から子宮に筋腫があるとのこと。大きさはそれほどでもないけど、定期的に婦人科を受診するようにということでした。
今ホルモン治療で飲んでいるお薬『タモキシフェン』の副作用として、子宮体がんに罹りやすいということがあります。子宮筋腫は良性の腫瘍なので、小さければ経過観察で良いようですが、子宮体がんなら乳がんの時と同じように手術などの治療が必要になります。
名古屋に来てからは会社の特定検診だけで、婦人科検診を含む人間ドックを受けていないので、今年は受けなきゃ。

新しい主治医の先生は2ヶ月分のお薬しか処方してもらえないので、次回は7月の受診です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0