So-net無料ブログ作成

あり得へんMAX∞!!!パートⅡ [おしごとのこと]

先週水曜日に副支店長が突然うつ宣言をして休んで以来、1週間近く経ちました。
この間にも彼が担当している業務や会議があったので、支店長や私で彼の代役を務め、今後の支店の体制について話し合いました。彼の代わりが来てくれるまでと言っても、それがいつになるのか分からないし・・・
7月の異動で本店からやってきた男性社員の異動手続きや、新しい事務職の女性の採用面談が明後日にセッティングされ、いつも以上に私の仕事が多い中で、副支店長が突然引継ぎもしないで休んだ穴を埋めるのは、ほんとストレス溜まりました…

それでも、これで彼と一緒に仕事をすることは、もうないだろう・・・[るんるん]という嬉しい気持ちの方が強くて、『今をとにかく乗り切れば、再び平穏な日常に戻れるぞ~』と思っていたんです。

ところが、昨日の夜、支店長から別室へ呼ばれました。副支店長が突然診断書を叩きつけてうつ宣言をしたことは、支店長と私ともう一人の課長しかしらないことなので(実際には、黙っておれずそれらしい話は周りにしていますが(^^;)、副支店長の話をするときは別室へ。。。ということで。
『さっき、人事から連絡があってさ・・・』
『えっ~[exclamation&question] 何ですか、それはぁ[exclamation×2]

副支店長が人事部担当に話したところによると、昨日の夕方、気分が良くなったので『うつのため、1ヶ月の休養が必要』という診断書を出してくれた医者に行ったら、『働きながら治療をすれば良い』と言われたので、明日から出社すると。。。
人事部担当は支店長に、朝支店長あてに副支店長から電話が入るので、『もうちょっと休め、無理して来るな』とは言わず、来させろと。
[exclamation×2] ほんとに、なんじゃそりゃぁ~って感じでしょ。

というやり取りがあり、今日の午後から副支店長が出社してきました。

支店長に彼が言ったのは『働きながら治療すれば良いと言われました。が、残業はするなと医者に言われています』だと!!
そんなに都合の良いものなの~??

新しい支店長になってから、仕事をしない副支店長に『副支店長としての仕事をしろ』とどんどん指示を出し始めてからまだ1ヶ月くらいしか経っていないのに、そんなにすぐにうつになるものなの??と思ってはいたものの、これじゃぁ完全に詐病だと思われても仕方がないのでは??

実際に、出社してからの様子をみると、『いたって普通。突然休んだ日と全く変わらずに。ふさいだ様子もなく、体調が悪そうでもなく。うつのことを知らない部下や他部署の人との電話での話しぶりも、以前と全く変わらず』

『うつのため、1ヶ月の休養が必要』という診断書は、いったい何だったの?

詐病と疑う根拠は他にも。もともと医者からは1週間後、つまり明日の水曜日に再度来院するように言われていたのにもかかわらず、月曜日の夜に前倒しで受診したようです。
それはまるで、『とにかく休みたくて、天下の宝刀のごとく診断書を支店長にたたきつけたものの、人事担当がとんできておおごとになってしまった・・・今までこの職場は自分にとっては緩かったし、それなりの給料ももらっているし、何より副支店長という偉いポストを捨てるつもりもないし…どうしよう? やっぱり医者に行って、うつ宣言、撤回してもらうか。残業は出来ないと言っておけば、支店長も無理に仕事をしろとは言わないだろう。。。』とでも言っているかのようにしか思えません。
どうやら、突然休んだ翌々日には東京から人事担当が名古屋にとんできて、副支店長と面談したみたいです。

今日は、副支店長は宣言通り、部下が忙しそうにしているにもかかわらず、残業せずに帰りました。そのあと、支店長と私はまたまた別室へ。。。
『副支店長の様子、どう思った?』
『全然、普通ですよね!』
『そうだろ!! ほんとにこっちが病気になりそうだよ』

支店長としては、今までと同じように仕事を与えて行くつもりだけど、あまり負荷を掛けると、副支店長から何て言われるか分からないから、とりあえず様子を見ると。

ただ、詐病が疑われるような人が副支店長という立場だと、部下たちのモチベーションは下がるし、ほんとにうつだとしても、まったく引き継ぎもしないで周りに迷惑を掛けたのにも関わらず代役を務めた人(私!!)に対してに一言の詫びもしないし、『残業が出来ない』と言っている人に副支店長という重責を任せられない、どっちにしても、さっさと異動させろ!!と人事部長や役員に訴えてくると言ってます。

何とタイミングが良いのか? 今週金曜日、支店長は会議で本社へ行く予定なのでした。

もしもこのまま何事もなかったかのように、副支店長が職責を果たさないままこの支店に居続けるようなことになるならば、来月社長が臨店する時に、訴えるしかありません。

ということで、まだまだ『あり得へんMAX∞!!!』は続きそうです。。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0