So-net無料ブログ作成

あり得へんMAX∞!!!パートⅢ [おしごとのこと]

『うつ病のため、1ヶ月の休養が必要』という診断書をたたきつけ、なんの引き継ぎもせずに突然休んだ副支店長。4日休んだ後、『仕事をしながら治療をすることが出来る状態、だけど残業はしない方が良い』という医師の診断があったということで復帰。

先週金曜日には、会社から指示された産業医の診察を受けたようで、なんと『うつ病の兆候は見られない』という受診報告書を持参。。。

一体、なんなんだぁ~[exclamation×2]

うつ病であると言ってしまったことの重大さに気が付き、撤回にかかり、これはヤバいと思ったのか、今週は今までよりも一生懸命に?謙虚に?仕事をこなしておられました。一度は残業出来ないと言ったものの、病気でないのならそれは通用しないということも理解できたのか。。。最近彼の部下が忙しいので、ある程度の時間までは彼らに付き合って残業していました。

産業医のお墨付きが出てしまった以上、『病気だから、配慮して』とは言えない状況。とりあえずは、彼がやるべき仕事をやってくれて、こちらへの負担も掛からなくなったのでやれやれ。。。

でも。彼に振り回された支店長や私、このまま何事もなかったかのように彼と接するのは如何にも納得感無し。ただ、支店長としては副支店長を詰めても、また休まれても困るし、どんなことを言いだすかも分からないので、とりあえず腫れ物に触る感じで接してます。
この状況がずっと続くのは、支店にとってとてもマイナスなことなので、彼が産業医の診察を受けたその日、本店で会議のあった支店長は、人事部長に直談判しに行きました。
『はやく、異動させてくれ~』と。

最初の診断書がウソだったのか?医師によって診断が異なるのか?・・・何よりも本人は、いたって普通な感じなので、『詐病じゃねえか~!!』と言いたいところですが、会社の方も判断が難しいようで、すぐに異動させるほど緊急事態でもない、という判断のようでした。
異動させるといっても、支店のナンバーツーのポジションの人を異動させるのは、簡単なことではないんですよね~
ただ、人事部としても『問題があることは認識しているので、善処する』という回答だったようです。
おそらく次の異動時期、10月には、どっかに行っちゃうんじゃないかなぁ~

ということは、たぶん、私の転勤はまたまた先送りになるかも。。。

ほんとに、いくら考えても首を捻るしかない、不思議な出来事でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0