So-net無料ブログ作成

レッスン230回目&発表会 [ヴァイオリンのこと]

4月1日、ほぼ1ヶ月ぶりのヴァイオリンレッスンに行ってきました。実はこの日はうちの教室の発表会で、私は今年は発表会に出ないにも拘らず、発表会の後にレッスンをしていただきました。

今年は、先生から発表会に出る?という話がなかったのです。。。レッスンのペースが月1回の上にしょっちゅう休むし、昨年は当日ギリギリまで仕上げていなくて、先生はきっと『そんなに怠けてたら、ももんさん、発表会ムリだよ~』と思ったのかも。。。(;'∀')

でも発表会後のレッスンの時に、来年の発表会の曲と練習開始時期を決定[exclamation]
モーツァルトのソナタE-moll K.304の第1楽章[るんるん] 『10月くらいから練習をスタートしたら弾けると思いますヨ』とのこと。

実はこの曲、今回の発表会で中三の女の子が弾いてました。とても上手に。
綺麗な曲でいつか弾いてみたいと思っていた曲なので、頑張ってみます!

レッスンは相変わらずの進捗状況ですが、ヴィターリのシャコンヌの中盤、これまでなかなか出来なかったスタッカートやワンボウスタッカートの部分は、先生が『上手く出来るようになっていたので、感心しましたヨ』と言ってくれました。
そこは重点的に部分練習したところなので、ちょっと嬉しいデス。

発表会には最近ヴァイオリンを始めたばかりの大学生くらいの男の子も聴きに来ていて、発表会後に会場の1階にある楽器屋さんで、先生に弓や松脂などを選んでもらっていました。私はその後レッスンだったので一緒に待っていると、彼は『今日の発表会で皆さんが弾いているのを見て、目標が出来ました~[ぴかぴか(新しい)]』と、目を輝かせていました。なんと、初々しい(^-^)
『初心、忘れるべからず』ということですね~
 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。