So-net無料ブログ作成

免疫力アップ大作戦!56回目 北海道4日目 [旅行]

北海道4日目。朝はとても良いお天気[晴れ]
P1010434.jpgP1010440.jpg
P1010442.jpgP1010443.jpgP1010449.jpg
窓ガラスに雪の結晶[雪][雪] こんな風にはっきり見たのは初めて。

朝食は卵料理を選べるバイキング。卵料理はエッグベネディクトを。めちゃウマ[るんるん]
P1010436.jpgP1010437.jpgP1010438.jpgP1010439.jpgP1010441.jpg
自分でトッピングをアレンジできるお茶漬けも最高。

さてこちらのお宿『鶴雅リゾートエプイ』さんの採点です。
部屋5、お風呂5、夕食4、朝食5、接客サービス4、癒され度5、コスパ3
総合評価は・・・4.4[満月][満月][満月][満月][三日月][三日月] じゃらん口コミでも4.8と高評価です。
ロビーの雰囲気や飲み物サービスも良かったし、お部屋のアメニティ類も充実、お料理もいろいろ工夫されていて美味しかったし、接客も悪くない。全体的にリラックス出来る素敵なお宿なんですが、スタッフさんの数が少ないのか、リゾートホテルにしてはゆったり感があまり感じられないのが少し残念。逆にその分、少ないスタッフさんが一人一人とても機敏にそつなく動いておられて、ある意味、見ていて気持ちが良く好感が持てるお宿でした。

さてこの日は大沼から函館へ。
P1010454.jpgP1010460.jpgP1010463.jpgP1010468.jpg
函館に着きました。
P1010480.jpgP1010482.jpg
P1010483.jpgP1010484.jpg
函館朝市を散策して、お刺身と[ビール]で一杯やって。自分用のお土産もGet!
P1010002.jpgP1020000.jpg

函館駅から湯の川温泉まで、路面電車で約40分。路面電車といえば、やっぱり広電を思い出します・・・路面電車は基本的には市民の足。地元の色々な人が乗り降りしたり、みんなが生活している町の風景を観ることが出来るので、観光で訪れた時に乗るのは新鮮で楽しいデス。ただ、観光客向けの仕様ではないので、大きな荷物を持っていると、周りにけっこう迷惑になります。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
P1010486.jpgP1010487.jpg
この日のお宿、湯の川温泉『望楼NOGUCHI函館』さんに到着。14時にチェックイン出来るのは有り難いですね~
P1010490.jpgP1010491.jpgP1010501.jpgP1010500.jpgP1010493.jpg
お部屋は客室温泉付き和モダン、60㎡のお部屋。和室の他にベッドルームがあります。
P1010499.jpg
なんといっても、この窓からの景色が素晴らしい[ひらめき] 遠くに見えているのは、この後に訪れる予定の函館山ですヨ~

お出かけの前に、まずはお宿の大浴場へ。こちらのお宿の展望露天風呂、なんと、函館空港から飛び立つ飛行機を観ながら湯船に浸かることが出来るんです[ひらめき] 14:45発の飛行機があると案内板にも書かれていたので、大急ぎで体を洗って待機。まだ15時前なのでほぼ貸切状態で、飛行機が飛び立つのを露天風呂に浸かりながらひたすら待ってました・・・海も見えるし、絶景なんだけど。寒すぎ。。。[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)] それなのに14:45になっても飛ばない。のぼせる?風邪ひく?カラスが集まってくる[あせあせ(飛び散る汗)] 耐えに耐えながら待つこと20分、やっと滑走路から飛び立つ[飛行機]を観ることが出来ました~
函館空港からこちらのお宿までは車で15分ほどの距離。方角的に滑走路の先に位置しているので、頭上を通り過ぎることを想像してました。が、飛び立ったらすぐに旋回したので、頭上をぐうぃ~ん!!っていうのはなかったです。
そしてなぜ寒い中20分も待たなければならなかったのかというと、次の日その理由が分かりました。偶然にも私が待っていた飛行機は、翌日に私が乗る予定のANA14:45発羽田空港行だったのでした。飛行機の発着時間は、乗客が乗り込んでドアを閉めて動き出す…タイミングのこと。その後、滑走路まで自動車位のスピードで移動して、離陸態勢に入ってから初めて飛び立つ。。。14:45発といっても実際に離陸するのは15時頃という訳なのですね~ しかも雪の影響でほとんどの便に遅れがあるようなので、欠航とか大幅な遅れがある時じゃなくて良かった!ってことなんですね~

お風呂の後は、再び路面電車で函館山へGo! しかし[exclamation] ロープウェイ乗場に着く頃には激しい雪が[たらーっ(汗)] さっきまで、晴れてたやん[あせあせ(飛び散る汗)]
P1010502.jpgP1010504.jpgP1010506.jpgP1010511.jpg
20年前に函館山に行った時は、夏でしたが一面の霧で、真っ白。百万ドルの夜景を見損ねた苦い経験が。今回もかぁ~[もうやだ~(悲しい顔)] と思ったら。
P1010515.jpgP1010521.jpgP1010522.jpgP1010560.jpgP1010562.jpgP1010563.jpg
日没30分後の夜景を楽しめる時間まで粘って、何とかトワイライトの夜景半分を観ることが出来ました。それでも、展望台があまりにも外国人観光客で溢れかえっていて大混雑していたのと、夕食の時間に間に合わないので、完璧な夜景はあきらめて帰りました。

お宿のロビーはこんな感じにライトアップされていて、とても素敵。ロビーには茶室があったり、小川が流れていたりして、なかなか雰囲気が良いデス。
P1010568.jpgP1010569.jpgP1010570.jpg

夕食は竹林の見える個室で、『函館らしい異国情緒を楽しめるスタイリッシュな和モダン会席』を。『平成最後の冬の晩餐会』と銘打たれています[るんるん]
P1010572.jpgP1010571.jpg

P1010575.jpgP1010577.jpg
アミューズは、噴火湾産ミズダコ&越冬大根の雪見仕立て。お酒はいつもの如く地酒の利き酒セットから。

P1010578.jpgP1010579.jpgP1010580.jpg
歓迎の一皿。サーモンリエット(パテに似たフランスの肉料理)仕立て/チタタプ(アイヌ伝統料理の一つ。鮭のたたき)/噴火湾産寒サバの雪輪巻き/枯れ枝&北海道産じゃがいものミノムシ揚げ/真狩産ゆり根&牛タン味噌煮/函館産アンコウの揚げびたし/真ダラのほっぺみぞれ煮
 
P1010581.jpg
椀物。奇跡のリンゴ&ゴッコのすっぽん仕立て黄金スープ

P1010582.jpgP1010586.jpg
お刺身。津軽海峡産本マグロ~かごめ昆布醤油&わさびで~/函館産朝獲れ真イカ~イカ刺し専用醤油&生姜で~/恵山産真ダラの昆布〆~自家製ウニ醤油で~/松前産エゾアワビの水貝~海峡の海水で~/噴火湾産カジカの共和え
食べ方に色々工夫があって面白いですね~

P1010590.jpgP1010588.jpg
次のお酒は、利き酒セットで美味しかった大吟醸を。お料理は料理長からの一品。野菜のムース。

P1010591.jpgP1010592.jpg
メインの魚料理。函館産アブラコ&ツブ貝のポワレ~バジルソース~

P1010593.jpgP1010595.jpg
メインの肉料理。道産牛ほほ肉のブレゼ(フランス料理の代表的な調理法。蒸し煮)グラタン仕立て/道産牛ロース&温野菜のサラダ
一つのメイン料理の中で、部位と調理法が違う二種類のお肉料理を楽しめるのは珍しいかも。どちらもトロトロで美味しかった~
P1010597.jpg
肉料理なので、赤ワイン。

P1010598.jpgP1010599.jpg
ご飯もの。道南発祥ブランド米「ふっくりんこ」/自家製ニシンの甘露煮/料理長手作りの漬物五稜郭盛り/登別藤崎わさび園の「わさび昆布」/北海道きのこ「ユキノシタ」のげんな汁

P1010600.jpgP1010601.jpg
デザート。フォンダンフロマージュ(とろけるあったかチーズスィーツ)、青森産リンゴのミルフィーユ、ホワイトチョコ&キャラベルのムース、江差町産アロニアアイス

和会席もフレンチコース料理もいいけど、どっちも楽しめる和モダン会席っていいですよね~ 創作料理として、地元ならではの素材を色々な調理法で、料理長が試行錯誤を繰り返して創っておられることが感じられて、食べる方も楽しくなります。
特に、こちらのお宿のようにメニュー表に詳しく産地や調理法が描かれていると、ほんとにワクワク感が募ります[るんるん]
ちなみにこちらのお宿では、和食料理長と洋食料理長お二人の競演のようです。スゴイ。

P1010612.jpgP1010616.jpg
夕食後、すっかりお天気が回復してました。お月様と函館山山頂と五稜郭タワーがくっきり見えます。たぶん、今だったら百万ドルの夜景を観ることが出来たろうなぁ~[ぴかぴか(新しい)]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。