So-net無料ブログ作成

素敵な事件になりました [歌舞伎!!]

昨日、歌舞伎座七月大歌舞伎昼の部で勸玄くんに起きたハプニング、今日は大丈夫だったかな?と心配で、終演時間後に海老さまブログをチェック。

『しっかりと 起きてました!』とのことで、ほんとに安心しました~
しかも台詞もしっかりと言えていたそうです。
終わった後に、心配していたパパに向かって『僕起きてたよ!』という笑みをプレゼント。

自分のお勤めの大事さをしっかりと分かっていて、自分でリカバリーする能力が、こんなに小さい時から備わっているなんて。ほんとに、いったいどんなに素敵な歌舞伎俳優さんになるのだろうと楽しみです。彼が成長して14代目市川團十郎として活躍する姿を観てみたい・・・[るんるん] あと30年位先??まで、生きるぞ~[exclamation]

海老さまと勸玄くんにとってのこの『事件』、ほんとに素敵な事件になりましたね~
昨年の宙乗りしながらの投げキッスといい、今回のこの事件といい、毎年何かしらの伝説を生み出す勸玄くん。歌舞伎俳優になるということ、市川宗家の後継者になるということ、これからたくさん辛い思いをするかもしれないけど、いつまでも臆せず伸び伸びと育っていってほしいものですね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

七月大歌舞伎2018 [歌舞伎!!]

久しぶりの更新です。毎日暑いので、このところにしては珍しく三週間連続で土日は家におこもりしてました。
が、ようやく活動再開!昨日と今日は東京へ。新国立劇場での『レインマン』と歌舞伎座七月大歌舞伎、観劇三昧の二日間でした。

土曜日はまず『レインマン』。
『レインマン』といえば、トム・クルーズとダスティンホフマンの映画が有名ですが、今回は椎名桔平さんと藤原竜也さんのW主演での舞台。11年前にも桔平さんのレインマンを観に行きましたが、その時は弟役。自閉症の兄役は橋爪功さんでした。今回は桔平さんは兄のレイモンド、藤原竜也さんが弟のチャーリーを演じます。
桔平さん、刑事の役やドクター、バリバリの金融マンといったような、きりりとしたカッコ良くてシブい大人の男っていうイメージが強いですが、今回の舞台では、純粋無垢な心を持った子供のような人物に見事になりきっていて、さすがというしかありません。
若くして蜷川幸雄さんの舞台主演を何度も務めている藤原竜也さんの名演も相当なものですが、やはり桔平さんのあの演技には叶わない・・・ほんとうに素晴らしい舞台でした。

興奮も冷めやらぬ中、歌舞伎座の夜の部へ。
なんたって七月の歌舞伎座は、昨年に引き続き、市川海老蔵が座頭を勤める大舞台。なんと、チケットは完売~!! 
昼夜25日間のチケットが完売するって、実は歌舞伎座ではそれほど多くありません。しかも興業が始まる前の時点で完売なんて、やっぱり海老さま人気はスゴイです。
今回は、勸玄くんが昼夜三役を勤めるということもあり、注目度もかなりの高さ。

夜の部は、源氏物語。
源氏物語は成田屋さんのお家芸と言ってよい演目で、海老さまの初お目見得も源氏物語。これまでにも海老さまは自主公演で源氏物語を興行してきました。
今年の3月には大阪へ観に行ってきました。歌舞伎にオペラと能をコラボさせて、さらにプロジェクションマッピングの映像技術を駆使した、何とも幻想的な舞台でした。
そして、今回海老さまは歌舞伎座でこの源氏物語を通し狂言で興行することとなったのです。

3月の自主公演は物語の一部分のみで、いわゆる歌舞伎というよりも歌舞伎とオペラと能の演劇舞台といった感じでした。
が、今回は通し狂言、演出も3月とは違ったし、配役も名のある歌舞伎俳優さんたちが固めているので、やはり自主公演よりも歌舞伎らしさが良く出ているなぁ~と感じました。
でも3月と変わらないのは、やっぱり海老さまの光源氏の美しさ[ぴかぴか(新しい)] こんなに綺麗な歌舞伎役者は今までに見たことがない[exclamation]とつくづく思います。
海老さまの代名詞でもある目力を封印した、切れ長のシュッとしたまなざし。でも、心の闇を抱える光源氏の憂いを見事に表現しておられます。伏し目がちな物悲しい表情が観える度に、『えびさまぁ~[ぴかぴか(新しい)]』となってしまいます。

そうかと思えば、龍王となってカっと目力全開で迫力のある宙乗りで飛んでいく様は、ゾクゾクもの[ひらめき] この龍王は今回の源氏物語で新たに登場した役どころ。古典の源氏物語ファンからすると邪道とも言われかねない気もしますが、歌舞伎は観客を喜ばせてなんぼ、この宙乗りする龍王はぜんぜんアリと思います。

翌日は昼の部へ。通し狂言『三国無雙瓢箪久(さんごくむそうひさごのめでたや)出世太閤記』。
海老さまは羽柴秀吉と孫悟空。そして勸玄くんは三法師を勤めます。中村獅童も重要な役どころ。

・・・お話の内容はいろいろ語りたいところですが、事件が[ひらめき]
勸玄くんが・・・寝た[あせあせ(飛び散る汗)]
勸玄くんが出るのは物語の大詰、秀吉の天下統一を決定付けた重要な場面。信長の直系の孫である三法師を秀吉が頂いて、柴田勝家らのライバルに引導を渡す信長の法要の場面です…名だたる武将が勢ぞろいする中、舞台の中央、一段高いところに三法師がおわします。。。
幕が開いて10分近く、武将たちがあれやこれやと議論している中、三法師はずっと黙っているのですが。。。そろそろ勸玄くんの台詞が近づいてきた頃、勸玄くんの瞼が落ちてきて、必死で耐えようとしては、コクッと。
もう、観客席も静かに見てられません。ざわざわと笑いが[あせあせ(飛び散る汗)]
海老さまは勸玄くんの真横にいるので、勸玄くんの瞼が落ちそうになる様子は見えないのでしょう、それでも観客の笑いで、海老さまも気が付かれたようで。勸玄くんに目を配りながらも、自分の台詞を言わなければならない・・・海老さまの汗が、一気に。
それでも一瞬寝落ちした後に、勸玄くんは自分の台詞の時には何とか気力を振り絞って、しっかり台詞を言ってました。

海老さまの舞台では、毎回何かとお話の内容とは関係のない時事ネタを挟んで観客を笑わせる場面があります。今回も獅童さんとの場面で、そういったやり取りがありました。
でもそういう場面はありながらも、お話の内容の肝の部分は、やはり真剣ムード。締める所は締める。。。まさに、大詰はその真剣モードの場面。
それだけに、海老さまの焦りは、微笑ましいながらも、すこし気の毒というか。。。こちらもちょっと辛かったです。

さっそく今日の海老さまのブログでは、そのことについて、海老さまがコメントされてます。この2,3日前から、同じように寝落ちしそうな感じはあったらしいですが、たぶん今日の状況にはさすがに海老さまは焦っておられたようです。昼の部直後のコメントでは『私の中では事件です。いつも以上に、大量の汗をかきまして・・・』と。
今日の舞台を観たお客さんからのコメントには、一瞬寝落ちした後にしっかり台詞を言っている勸玄くんはスゴイとか、舞台で寝るなんて大物過ぎるとか、微笑ましかったとか。みんなが温かく勸玄くんを見守っているんだなぁ~と。

確かに5歳の子供が、照明で熱い舞台の上で、重い衣装を着て10分以上もじっとしているのは、なかなか出来ることではないですよね。実は、私もその10分間はけっこうウトウトしてました(^^;
それでも見事に台詞を言って物語を締めくくるなんてスゴイ。ほんとに将来が楽しみですね~

だけれども。ブログでは勸玄くんのことを叱ったと、海老さまは書いておられましたが、そこは『寝るな』といっても眠気をコントロールすることは、大人でもなかなか出来ません。実際私自身、こんなに楽しみにしている歌舞伎を観ている間にも、なんどか船を漕いでしまいました。平日会社でも、お昼を食べた後の2~3時間は、忙しくても書類に目を落としながら寝落ちする瞬間がほぼ毎日(これは薬、ホルモン剤のせいだと、私は思っているのですが)。大人でも眠さに抗えない。
ましてや5歳の子供、眠さをコントロールすることを求めるのは。だとすれば、何か改善策を考えるべきなのでは?と思います。大詰めの幕が開いてから、早々に海老さまに抱かれて勸玄くんが登場しますが、そのタイミングをもっと後にずらすということもありではないかと。
あのシチュエーションでは、勝家や一益が最後のあがきを言い終わった後に三法師がでで~んと登場する、という演出であったとしても、物語の進行に何ら影響もなく、それどころか伝家の宝刀の役割をより醸しだすことが出来るかも、と勝手に思ったりしています。
あと七日間、今更演出を変えるのは難しいかもしれませんが、寝落ちして椅子の上から落ちてしまうようなことがあっては。
微笑ましい事件ではあったものの、やはり海老さまと勸玄くんには良い舞台を演じてほしいから。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

ひとカラ、はまってます [私の日記]

2ヶ月に1度、乳がん検査のために病院に通っています。。。そしてその後にひとカラで、平均5時間歌いまくってストレス発散[るんるん][るんるん]

病院のある駅近くに、ビッグエコーさんがありまして。ひとカラ、最近ブームなのか、割増料金かかりますけど。何といっても、自分の歌を録音したり録画が出来たり。最近のカラオケは、とっても進化しています。

先週行った時は、精密採点である特定の点数を出すと、アイスやらポテトやら、サービスしていただけるキャンペーンをやっていたり。
88.00点とか90.00点とか、きりの良い点数を出すと、写メで証拠写真を撮ってお店に申告すれば、サービスが受けられます。

ということで、5時間も粘ると、さすがに何回かぴったり賞に遭遇いたしまして。

90.00点でフライドポテトGET!!という広告を見て。アラアラ、『90.00点、出とるやないかぁ~[exclamation]』思わず採点結果を写メを取って、フロントまで持っていきましたよ~

実はその後も88.00点、アイスGETの瞬間もありましたが、お店への遠慮と自分の体のことを考えた結果、見送り。

てな訳で、ひとカラ、けっこう楽しんでおりまする。

もしも私の歌、聴いてみたいと思った方、ビッグエコーの『DAMとも』会員になって、『ももん』で検索していただければ。
カラオケ好きなうちの会社の社長に『カネ、取れるよぉ~』と言っていただけた美声を、お聞かせできるかも[exclamation&question]




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽