So-net無料ブログ作成

免疫力アップ大作戦!53回目 別府・湯布院3日目 [旅行]

別府湯布院の旅の最終日です。ようやく雨が上がって…[曇り]空。

朝ごはんもお部屋で。ごはんは夕食と同じ大分県産のつや姫。そして、もずく入りのおかゆも用意されていて、朝からテンション[グッド(上向き矢印)] おかげさまで、糖質摂りまくり・・・[わーい(嬉しい顔)]
P1010319.jpgP1010320.jpgP1010321.jpg
チェックアウトの11時まで、[いい気分(温泉)]入ったり、ボーっとして過ごしました。

さてそれでは、『旅亭田乃倉』さんの採点を。
部屋5、お風呂7、夕食5、朝食5、接客サービス4、癒され度5、コスパ4
総合評価は・・・5.0[満月][満月][満月][満月][満月] じゃらん口コミと同じ、5点満点出ました~[ぴかぴか(新しい)]

全体的にレベルの高いおもてなしのお宿でしたが、やっぱり一番良かったのが、部屋の露天風呂。近年露天風呂付きの部屋にリニューアルするお宿が増えていますが、自分でお湯を張ったり、温度調整をしなければならなかったりと、あれこれ制約があることも多いです。が、こちらの露天風呂は完全に24時間源泉掛け流しで、湯船も岩風呂。
しかも。湯船の底は小さめな石で足つぼに効きそうな心地良さ、でも腰を下ろす部分には大きめの平らな石が敷かれている。そこにすっぽり座ると、ものすごい安心感が。。。[るんるん]
こういう細かいところまで配慮があるのが嬉しいですよね。

お料理も美味しかったし、お宿全体の雰囲気がとても素敵で、全てに於いて大満足なお宿でした。また再訪したいです。

この日はどこも観光せずに、ただひたすら名古屋まで帰るんですが・・・実は一番のメインイベントが待っています。
お宿から駅まで送っていただいて、少し電車の時間まであったので、駅前を散策。
P1010326.jpg
この頃にはお天気が回復してきて、由布岳も少し・・・見えそうで見えない[あせあせ(飛び散る汗)]
湯布院は2回目でしたが、まだまだ見どころはたくさんあるし、蒼々たる由布岳の雄姿も観てみたいので、また訪れたいと思います。その時はレンタカーで周辺エリアにも行って見たいな~

そしてお待ちかねのメインイベント、『ゆふいんの森2号』への乗車時間となりました[ひらめき]
P1010324.jpgP1010330.jpg
昨年の豪雨の影響で、久大本線の光岡駅~日田駅間の橋梁流出により博多⇔由布院が運休になったのち、今年の7月までは小倉経由の迂回ルートで運行されていました。
ようやく久大本線全線復旧により、7月14日から元のルートでの運行再開となりました。

ゆふいんの森は、博多と湯布院間を約2時間ちょっとで結ぶ特急ですが、外装・内装・接客サービスなど、いろいろとプレミアム感のある特急で、事前予約をしないと乗車出来ないようです。
ゆふいんの森に乗車して楽しむためにはと、事前に色々調べてみると、やはり先頭車両(ゆふいんの森2号では5号車)、最前列15番A~Dの席がお勧めとのこと。
切符発売日当日にネットで事前予約すると、なんと、5号車15番の席が一つだけ空いてました。しかも、ネットでお勧めの進行方向に向かって左窓側の席、15番Dの席[ひらめき] たぶん、AからCは三人連れのお客さんで、並びで取っているのだろうと。このような観光列車に乗るのは二人以上で乗る人が多いので、この場合おひとり様以外には手が出せない席ってことのようですね。お隣の三人さま、ありがとうございマス[るんるん]

という訳で、いよいよゆふいんの森に乗車。。。
P1010328.jpgP1010333.jpgP1010329.jpgP1010380.jpg
ところが。。。『イエ~い[ひらめき]』とウキウキ乗り込むはずが、乗り込むためにものスゴイ行列が出来ていて、大変なことになってました。とにかく外国人観光客が多くて、みんな大型のスーツケースを持っているのでそれぞれ乗車に時間が掛かる。座席が高い位置にあるので、乗車口からは階段が何段かあるんです。
しかも4号車に乗る人もみんな5号車のドアから乗ろうとしている。。。3号車と4号車の間からも乗れるはずなんだけど。。。後ろの方に並んでいたので、乗り込むために10分も掛かってしまいました。
なんでここでヤキモキしたのかと言うと、荷物を置いてすぐに行きたいところがあったからなんですが。。。

なんとか15番Dの席へ。
P1010340.jpgP1010348.jpg
荷物を置いたらすぐにビュッフェ車両に移動。。。急いでいたので、車内の写真はソコソコに。
P1010335.jpgP1010334.jpg

ゆふいんの森にはビュッフェがあります。そこで車内限定のお弁当やスィーツ、限定グッズなどが売られています。事前リサーチでは、大人気ですぐに売り切れるので、乗り込んだらすぐに行った方が良いとのことでした。
そうすると案の定・・・ビュッフェは既に大行列。私の後からもどんどん人がやってきます。そのその列はビュッフェ車両に治まらず、2号車までも続いてました。
ここでも『オイオイ[むかっ(怒り)]』と思うようなことが。みんな早く順番が回ってこないかなぁ~と待っている前で、順番が回って来てからその場で商品を選び出す人がいて。。。『買うもの、決めてないんかい!』とツッコミたくなるくらいに、スタッフさんにあれやこれや商品の説明を受けていて、なかなか注文しない…そしてようやく決まったと思ったら、大量に買い込んでました。
楽しい旅なんだから、そういうのも楽しみの一つと言えばそうだけど...
しかも、その人が去った後、限定のお弁当が売り切れ~[がく~(落胆した顔)] 
なんとか別のお弁当と限定商品を買って席へ戻ったのは、出発から20~30分後でした(^^;

15番Dの席からの眺め。まさに『電車でGo!』の世界[るんるん]
P1010337.jpgP1010344.jpgP1010363.jpgP1010365.jpg
ところで、さっき書いたお隣の15番AからCの席、やっぱり三人連れのお客さんでした。5歳くらいの男の子を連れた日本人の親子でした。子供さんも電車が好きなようでしたが、お父さんの方が喜んでる感じでしたね~[わーい(嬉しい顔)]
ゆふいんの森では、子供さん向けのサービスがいろいろあって、車掌さんの制服と制帽を座席まで持ってきてくれて、写真撮影してくれるんですが。。。恥ずかしがり屋さんのようで、スタッフのお姉さんに優しく口説かれても、彼はかたくなに固辞してました(^^;

それぞれ景色を楽しんでいる中、私はと言うと・・・由布院駅前で買った『ぷりんどら』をモグモグ。
P1010346.jpg

ビュッフェでGetしたお弁当。寿司たけ本の『折鶴弁当』です。
P1010352.jpgP1010353.jpgP1010354.jpgP1010355.jpg
ご飯は鯛めしとうすい豆ごはん。おかずも上品な味付けで美味しかった~[ぴかぴか(新しい)]

お弁当を食べながらも、車窓を楽しむことに集中。撮影ポイントでは、お弁当を置いてカメラを取り出して。。。と、けっこう忙しいデス。その前にちゃんとスタッフさんが『もうすぐ○○が右手に見えますヨ~』と知らせてくれるので、見逃すことはありません。
伐株山(きりかぶやま)、ほんとに珍しい形ですよね~
P1010357.jpgP1010356.jpg
P1010360.jpgP1010364.jpg
慈恩の滝、ここではスピードを落として運転してくれます。渓流も見えます。

日田駅では、豪華スイーツ列車「或る列車」に遭遇[exclamation]
P1010371.jpgP1010372.jpg
運が良ければ、豪華クルーズトレインななつ星にも出会えるそうですヨ~

ビュッフェで購入したものがこちら。湯布院で超有名なロールケーキ専門店B-SPEAKさんのPロールで~す。湯布院のお店では、午後には売り切れてしまっていたPロールを、ゆふいんの森の中で買えるんです[ぴかぴか(新しい)]
P1010381.jpgP1010382.jpg
家に帰ってから食べました。やっぱり美味しいデス。

博多からは新幹線で3時間20分、ようやく名古屋に着きました。疲れたけど、ワクワクするような旅になりました。
ゆふいんの森2号の旅、楽しかった~[るんるん] 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行