So-net無料ブログ作成
おしごとのこと ブログトップ
前の30件 | 次の30件

初めてのお客様たち [おしごとのこと]

名古屋に転勤になって、丸3年が経ちました。

人事異動の季節ですが・・・私自身は、病気のことでもう少し名古屋にいたいという希望を会社に伝えてあるのと、10月に総務課長兼任になってまだ半年なので、当分異動はないだろうと思います。まあ、あと1、2年はないかなぁ~

自分は異動がなかったけど、2014年下期の業績が名古屋支店は良くなかったので・・・というか、他の業績が良くて人が足りない支店の補充のために、部下の一人が異動することになりました。
急だったのと、3人しかいない営業担当者のうち、一番数字をあげていた部下なので、彼が抜けた穴は大きいです。その分割り当てられる目標は少なくなるけど・・・人が少ないとその分他のメンバーの負担も大きくなるし、いろんな意味で大変です。
どうなることやら・・・

そして。
今から、会社の上司や部下6人が、私の家にやってきます。
最近有志でテニス同好会を始めて、今日もテニスをする予定だったところ、先日期末打上げの時、話の流れで、テニスの後に私の家に来ることになったのでした。
たこ焼きとお好み焼きパーティーをしますよ。

名古屋に来てからの3年間で初めて、この家に誰かが遊びにくることになったのでした。
・・・病気のこともあって、あんまりまめに掃除をしてなかったので、大掃除!なんとか人を迎えることができる状態になりました~

なぜこういう話になったのかというと、男性の部下の一人が、「ももん課長、なんで家に女性の部下たちを誘わないんですか!」と言い出したのがきっかけ。
彼曰く、女性の上司なら女性同士でいろんな悩みを話しやすいだろうから、家に呼んで話を聞いてあげたら良いのに、ということだそうです。
まあ、要するに、もっと部下と仲良くなって、コミュニケーションを取ったほうが良いということです。

・・・上司だから部下を家に呼ぶとかプライベートな話まで相談に乗らなきゃいけないというのには、少し反論があるし、どこまで仲良くするか・・・は難しいところだけど、そう思っている部下もいるってことで。

まあ、たまには家に人が来るのも良いかなぁ~と思って。

ということで、そろそろ彼らがやってくるので、準備します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

長い間、お疲れ様でした [おしごとのこと]

昨日は仕事納めの日でした。
ほんとは28日が最終日だけど、今年は9連休[るんるん] いつもより早い仕事納めです。

最終日はお昼過ぎからみんなで大掃除して、夕方に社内で年末打上げするのが恒例行事。
でも私自身は、10月から総務経理の仕事が増えたので、掃除に参加する間もなく、締めの検印業務や本部への報告書作成業務に追われて、打上げぎりぎりまで仕事してました。

営業課長と総務課長の兼任なので、とにかく、数多くのいろんな種類の報告業務がある訳です。月末から月初にかけての月締めの報告、毎週末の報告、4半期ごとの報告などなど、ざっと10種類の報告書の入力と本部へのメールを送る作業に追われました。
それ以外にも、営業関連の計表類の進捗管理もあるし、まぁとにかくいろんな種類の表や報告書とにらめっこです。
しかも、本当は支店長が作成するべき報告書なのに、私が下請けで作成するものも多くて。

そこにさらに、部下の営業活動や案件の進捗管理や案件相談、部下から上がってきた融資案件の申請書のチェック、延滞管理の進捗管理や督促業務に加えて、事務の検印や、経理関連の締めの検印もやらなければならないので、扱う仕事の種類がほんとに増えた感じです。
それに昔と違って、顧客に影響するような事務ミスが発生すると、本部からの追及がハンパないので、小さなミスも許されない。なので、検印もいい加減には出来ず、ほんとに集中してやらないといけない。

そして1月からは、更に大変な状況になりそうです。
というのも、今までは事務の検印や経理関連業務については、もう1人やって頂ける方がおられたので、その方にやっていただける業務はかなりお願いしてました。が、その方が年末で退職されることになったのでした。そしてしばらくは、その人に代わる補充の人事はありません。

銀行を定年退職されたあと、当社で嘱託勤務されていた女性なんですが、『体力・気力の限界』ということで退職されました。
とてもきちっとした仕事をされる方で、私が忙しそうにしていると仕事を進んで引き受けてくださったりして、とても助けていただいてました。
人柄も朗らかで優しいし、話好きの方なので、仕事中もついついおしゃべりしてしまうほど。年齢を感じさせないとても若々しい方で、年上のお友達って感じで、仲良くしていただきました。独身で、ずっと仕事を頑張ってやってこられた方なので、私と境遇が似ているということもあって親近感がありました。

その方が辞められると、私以外の管理職の仕事も増えるので、ほんとにみんなで慰留したんだけど、決意は変わらないようでした。
通勤するのが体力的にきつくなったこと、健康なうちに仕事以外のいろんなことをやってみたいこと、経済的には仕事を辞めても困らないこと、が辞める理由だそうですが、もうひとつ、大きな理由があるようです。
10月の異動で私が総務課長を兼任するようになったことがもう一つの理由とのこと。前任の総務課長の時は、自分がいないといけないと思ったけど、私になってからはその必要がなくなった、ということらしいです。
そんなふうに思っていただけるのは光栄なことだけど、私も新しい仕事をするようになってからまだ間がないし、事務量的にもその方がやって頂いてた分がそのまま増えることになる訳で。
ほんとにとても残念です。。。

でも、その方の辞めたいと思った理由がほんとに理解できるので、これ以上引き留められないと思ったのでした。多分、私が仕事を辞める時の理由と全く一緒だと思うので。。。

今後のことを考えると戦々恐々ではありますが、長いサラリーマン生活を終えられて、これから新しい生活を迎えられるその方の門出を心からお祝いしたいと思います。
そして、ほんとに長い間、お疲れ様でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

表彰パーティー [おしごとのこと]

前期、名古屋支店は1課2課共に業績目標を達成したのと、支店運営の定性評価も達成基準をクリアすることが出来て、なんと全店部の中で総合優秀店部として表彰されることになりました。

ということで昨日は、その表彰パーティーでした。
いつもは社内の会議室や居酒屋さんで打上げするところ、ホテルの宴会場を借りてのちょこっと豪勢な打上げになりました。
本社から社長や役員も何名か来られて、慰労をしていただきました。

2次会はホテルのラウンジで。2次会にも社長を始め役員の方々も全員参加されて、かなり盛り上がりました。
厳しいことで知られる社長も終始ご機嫌が良く、ほんとに楽しそうにたくさん話したり、笑ったりされてました。

社長は私の病気のことをご存じなので、私がグイグイお酒を飲んでいるのを見て、『心配して、損したよ~』と(^_^;) 焦った~

支店のメンバーもとても楽しそうで、やっぱり社長を始め役員の方々からお褒めの言葉をたくさんもらったので、士気がすごく上がったようでした。
今期の出だしがあまり芳しくないので、決起集会にもなりました。

ところで、総合優秀賞店部ということは、ずばりボーナスにも関係してきます。
会社のボーナスファンドの配分が1番良いということです。
社長が、会社の業績自体もまずまずだったのでボーナスがあがるかも?とおっしゃってました。
そうだったらいいですねぇ。

私自身は、前期は抗がん剤の副作用で休むことが多くて、前々期と同様に抑えた評価になりました。私がいない時のカバーを他のメンバーがしてくれたことに対して、ボーナスで還元するという意味です。
でも、元になる支店の配分が多ければ、前期よりもボーナスが増えるってことなので、ちょっとは期待できるかな?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ちょっと複雑・・・ [おしごとのこと]

昨日内示があって、今日正式に人事異動の辞令が出ました。
といっても、私自身は転勤ではなく、役職の異動です。これまで2つの営業課の兼任課長でしたが、1つはずれて、営業課長と総務課長の兼任~!

総務課長は支店全体の総務と経理の担当課長。。。
決算やら支店事務所の鍵や備品の管理、社内外への各種届出の管理などなど。
実は私、社会人になって以来四半世紀、営業や営業事務以外の職種に携わったことがありません。
総務や経理は、初経験。

これまでこのブログでも、2つの課の兼任課長であることの愚痴を書いたことがありますが、1ヵ月前にあった役員との人事面談でも、2つの営業課の兼任課長(1つの課では営業や審査を一担当者としてこなすプレイングマネージャーとしての業務、もう1つの課では実質的な長としての業務)を出来ればはずしてほしいと希望しました。
そして今回の人事異動ではその通りとなり、プレイングマネージャーの方がはずれ、私の代わりに新しい課長が来ることになりました。
が、残るもう一方の課の課長と、合わせて総務課長を兼任することに。

これまでは、私が2つの営業課の兼任だったため営業事務関係の検印は総務課長にお願いしてました。なので、今後はそれも私がすることになります。

ということで、実質的な業務量は1.5倍に。
しかも営業事務の検印はほとんど浦島太郎状態だし、総務経理に関しては全くの素人。

逆に一営業審査担当者としての業務がなくなったことで、老体にムチ打ちながら炎天下に外出したりすることはなくなるし、個人の営業ノルマからは解放される。

何よりもこの2年間ずっと、会社を辞めたいとまで思っていたこの中途半端で難しい立場から、やっと解放される。
そして、古巣のラインに戻れるという安堵感もある。

なので、大変だけどウレシイといった、ちょっと複雑な気持ちです。。。

それから、今回の人事異動は主に管理職全体の大異動で、世代交代的なものでした。
かつての上司や部下の人たちに関する、すこし衝撃的な異動もあって。

かつての部下は、当時はほんとに大丈夫かなとその能力に不安を感じたけど、その後本部に異動してからとても頑張ったようで、私よりも昇格しました。
とっても人懐っこく人間的にもいい男で、私が本部に研修で行ったりした時も一緒に飲んだりする仲なので、彼が成長して昇進していくのはとてもうれしいです。
『昔、ももんさんに色々と指導してもらったこと、ほんとに感謝しています』と、可愛いこと言ってくれたりするしネ。

それから。
以前一緒に仕事をしていた時にこの人は将来役員になるだろうと思っていたかつての上司が、役員に近いポストに昇格しました。
おめでとうございます。
でも、ますます責任の重い難しい職務に就くことになる訳で。
いい歳なので、あまり無理をせずに、と言いたいです。

ともあれ、私自身もまた新しい責任を負うことになるし業務量も増えるけど、意欲満々、頑張りたいと思います。

そして、明日からは1泊2日で富山県の黒部峡谷に行ってきます!
リフレッシュしてくるぞ~
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

お別れと、そして再会と。 [おしごとのこと]

とっても頼りにしていた部下が、いよいよ異動に。
長く同じ支店にいて、本人も異動の希望を出し続けていたので、人事異動の季節になる度に、彼に『異動の人事出たよ!』とエイプリルフールもどきをやっていたけど、とうとう現実になりました。

部下と言っても、経営統合して別の事業部から異動になった私にとっては、彼は大先輩。加えて次の課長候補クラスなので、実は彼がいる課では、事実上、課長の仕事を彼がやってくれていたのでした。

彼はとても生真面目で、しかも素直。彼の仕事ぶりは、本当に見習う所がたくさんあります。なので、今回の異動も、彼の手腕を買われての昇格人事です。

それに、趣味や食べ物の話題で盛り上がり、良く話し相手になってくれました。あまり課長らしくない私を文句なく支えてくれて、でも時には、仕事面で耳の痛いことも言ってくれて。本当に、頼りになる存在。

そんな彼が異動するのは、とてもイタイ[あせあせ(飛び散る汗)]
そして、寂しくなります・・・[雪]

異動先では、また一からのスタート。上司もあまり相性の良くない人みたいなので、彼にとっては試練の時。でも、実は彼は私と同じB型。B型人間は、ゴーイングマイウェイ。なんとかやっていけるでしょう[exclamation]

そして、彼の代わりにやってくるのが・・・前職場で一緒に仕事をしたメンバー。
こちらの彼は、前職場で一番仲良くしてもらっていて、お世話になった人なので、とりあえず、私にとっては強い味方。
加えて、もう1人残るメンバーとも前職場で一緒に仕事していたので、一気に名古屋支店が大阪支店化しそうな勢いです。

今度来る彼も、仕事が出来る人。夕方スイッチが切れるとおしゃべり全開になって、無視しなければこちらの仕事が出来なくなるというやんちゃな人だけど、決める時は決めるタイプ。

その彼が、着任の挨拶と家探しのために、昨日名古屋にやって来ました。
みんなの前で着任の挨拶をした時、さっそく笑いを一本取って、その場にいた女性事務担当者の心を既に掴んだ様子。さすが、大阪人。
そうかと思えば、その場にいなかった役職者が戻ってきたら、さっそくその人の所に行って『お仕事中、失礼致します。今度大阪から着任しました○○です』と挨拶。
この『お仕事中、失礼いたします』という声のかけ方をする人、初めて見ました。なかなかそういうきちんとした挨拶が出来る人って少ないんですよね。私を含めてだけど。

彼は前職でマネージャーの仕事もやっていて、部下をマネージメントする能力にも長けているので、次期課長候補の一人です。
行ってしまう彼が抜けるのはとても不安があるけど、なんとか新しい彼と一緒に頑張って行きますヨ。

ということで、昨夜は行ってしまう彼と、新しい彼、そして残る彼と私の4人で、飲みに行きました。
酒好きな上司は残念ながら、次の日とても重要な会議があるので、何度も『行きたいけど、誘わないで』『一杯だけにして、行こうかな』『でも、やっぱり止めとく』と繰り返し、後ろ髪をひかれながらの不参加でしたが。
私も、翌日は抗がん剤投与日。お酒呑んでていいかな~と思いつつも、やっぱりここで私が行かない訳にはいかない、ということで参加。珍しく、ビールジョッキ1杯とチューハイ1杯に留めて、でも、楽しいおしゃべりに花を咲かせました。

行ってしまう彼が、『楽しそうでいいなぁ~ ここに居たいなぁ~』と言っていたのが、印象的でした。
本当に、お世話になりました。
新天地でも、頑張ってくださいね[るんるん]



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ボーリング大会 [おしごとのこと]

新年会を兼ねて、支店のみんなでボーリング大会をしました。

個人戦と団体戦で1ゲームずつ。
結果は…

個人戦はさておき。団体戦は優勝~!!
豪華賞品をGETしました。
…なんと、鰹節削り器と鰹節のセット!いわゆる、カンナのついた箱です。

この商品、実は会社の取引先の社長のご子息が結婚されるのでお祝いをしたところ、お返しでいただいた物の一つ。
失礼ながら、値段を調べてみると…とても大っぴらには書けないほど高価なものでした。

さすが、名古屋の結婚式は違う~

みんなの中でとても話題になったものなので、しばらくはみんながお昼を中で食べる時に削って食べられるようにしました。
ちなみに、今日やってみた人の感想は…粉々になっちゃったとのこと。
相当、削るのが難しいようです。

で、ボーリングの話題に戻ると、
なかなかみんな上手で、むちゃくちゃ盛り上がりました。
すっごく楽しかった。

病気のこともあって、最初は参加を迷ったけど、行って良かったデス。

その後、女性のみんなもほとんど参加して、いわゆる大衆居酒屋さんに行って、また大盛り上がり。
けっこう飲んで食べたのに、1人2,000円位だったので、むちゃくちゃお得感あり。

お腹から笑って、大声出して歓声を上げたり、いっぱいしゃべったので、次の日、みんなけっこう声が枯れてましたねぇ~

良い思い出になりました。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ためになった…?研修 [おしごとのこと]

金曜日の午後から、研修のため、東京に行ってきました。

研修の中身は…『決算書とは?』とか『財務分析』とか。
4、5年前に勉強した銀検財務3級を元にしたものだったので、良い復習になりました。

が、普段は、『ROE』とか『インタレストカバレッジ』なんて、滅多にお目にかかりません。
もう少し、日常業務に関わる勘定課目の解説とか、少ない時間の中で抑えるべきポイントとか、そういう具体的な内容だった方がありがたいんですが…

研修といえば、懇親会。(おいおい、何しに行ってるんだ~?)
地方支店にいる者からすれば、研修は大切な情報源。

1次会は、3連休前ということもあって、途中退席する人が多かったけど、
私はお泊りコースだったので、2次会も参加。
普段は目の上のたんこぶみたいな部署の人たちと、すっかり盛り上がり、3次会へ突入。
ホテルのチェックイン予定時間を大幅に過ぎ、
『えっ~、もう帰るの~?』と言われながら、3次会をリタイアしたのが1時過ぎ…

ま、なかなかと面白い情報を仕入れることが出来ました~

それに、普段会えない人たちとも会えたし。

翌日は、東京スカイ・ツリーに行ってみようかと思ったけど、
予約出来なかったので、ホテルでゆっくりして、そのまま帰りました。
ちょっと、もったいないです…



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

2013-06-28 [おしごとのこと]

支店長が、変わります…

ここ最近、ブログでは仕事の話、しませんでした。

書くと、際限なく、いろいろ書いちゃいそうで。
正直、これ以上、無理かなぁ~とも思っていて。
真剣に、会社を辞める算段までしてたんですけど。

その、辞める原因がなくなりました。
正直、“命、つながった~”という感じです。


名古屋に来て1年3ヶ月、直属の上司である支店長が異動になります。
今日は、その支店長の送別会と新支店長の歓迎会でした。

2次会のあと、降車する駅が同じ旧の支店長ともう一軒行ってきました。
これまでにも、同じように二人で飲む機会はあったし、その度に言いたいこと言って、しっかり語り合ってきたけど、今日が、その最後になりました。

会社を辞めたいと、これまで思ったことがないことを本気で考えてしまうほど、これ以上今の支店長とやっていけないなぁ~と思っていたところに。
まあ、いつか近々に辞令が出ることが予想されてはいたものの、実際に現実になりました。

で、最後にお誘いいただいて、二人で3軒目行ってきて帰ってきたところです。

今から語り合ったって、彼とはあと1日か2日一緒に仕事するだけで、
また、新しい支店作りが待っているのだけど。

すごい人なんだけど、やっぱりついていけないなぁ~というのが、最後の感想ですね。
語り合えるけど、通じ合わない人だなぁ~と。

良いも悪いも、すごすぎる人だったってことかな。
すごい人だけど、賞賛に値する人かどうかは、人それぞれ思うところが違うかも。

とにかく、
今は新しい支店長と、上手くやって行こうと思うばかりです。

ちなみに、1年くらい前研修で本店に行ったとき、新支店長と一緒に飲む機会があり、その時『次は名古屋ですね~』って言ったのが、大当たりでした。
旧支店長に言わせると、新支店長は、『俺よりも、出来た人だから。エースだから』とのこと。


また、新しい生活が、始まります。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みんな、お疲れ様でした!! [おしごとのこと]

今日で、今年度のお仕事が終わりました。

私が兼任している1課2課とも、なんとか業績目標を達成することが出来ました。
一つ目の事業部の方は、前期未達だったけど、今期は120%以上の達成率。
もう一つの方は、ぎりぎりまでの攻防だったけど、同じ事業部門の全店部のなかで2番目の達成率でなんとかクリア。前期に続いて、通期での達成です。

今日は、支店の会議室で期末の打ち上げをしました。
以前と比べると、支店のナンバー2という立場上、何かとみんなの前であいさつする機会が増えて。
今日も期末の締めの言葉を発してきました。

で、とにかく今日は、『今期みんなよく頑張ったねぇ~お疲れ様でした~』しか言ってません。
そうです。『来期も、頑張ろう』という言葉は、ご法度ということで。
あいさつする誰もが、来期の話はしませんでした。

よく考えてみれば、これまで24年間の会社生活の中、24回あった年度末の打上げのあいさつで来期の話をしなかったのは、初めてなのでした。

来期、目標数字が上がることは確実です。会社全体での計画数字も上がるし、今期目標を達成した店部は、当然現状維持はあり得ず、更なるノルマが課せられる…のがここ最近の常。

みんな、今期あれだけ精一杯頑張って、各自が今までで一番努力したと思えるほどやってきて、やっと達成出来たのに、来期はもっと今期以上に頑張れってか!!と思っている訳で。酷な話です。
そういう思いがあるので、今日は、来期の話などとても出来る心境ではないのでして。

『来期はがんばろう~』『来期もがんばろう~』というのは、よくよく考えてみれば、まだまだ余裕がある時にしか言えない言葉なんだと、24年間の中で初めて気が付いたのでした。

“完全燃焼”した感がある、年度末でした。

ほんとに、みんなお疲れ様でした。
営業課長が兼任という、全社的にも例を見ない特殊な状況の下、きっとそれぞれの部下たちもたくさんの不満を持っていたと思うけど、課長が半分不在である分、本来なら課長がやるべきことを補ってくれて、それぞれが自分の役割以上の仕事をしてくれたと思います。
今まで以上に一人一人の力が最大限に発揮できたことが、目標達成出来た一番の要因ではないかと、思います。

来期は…いや、今日はまだ、来期の話は考えないこととして。
とにかく、お疲れ様でした。
みんな。
そして、私も。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

今年度もそろそろ終わり、最後の追い込みで息切れしそう・・・ [おしごとのこと]

先週日曜日と水曜日の祝日に続いて、今日も休日出勤してきました(^_^;)
連続7日間、働いた。しかも夜遅くまでだぁ~

あと1週間で今期が終わります。

私は2つの課を兼任してますが、別々の事業部なので、それぞれ与えられている業績目標が異なります。

そのうちの一つは2月頃には目標数字達成の見込みが立っていたんだけど、それだけでは終わらなくて、じゃあ2次目標だと言って支店長自らが本部に『もっとやります!!』と宣言したので、結局最後まで数字に追われることになりました。

でも、もう一方の事業部の方はぎりぎりまで目標数字に届くか届かないか…といったところだったので、私の仕事の配分もそちらの課を優先させるようになりました。
女性営業担当者2人の案件はすべて把握して、何が何でも今月実行出来るように責任を持てと。

それでもまだギリギリの攻防だったので、今週月曜日に違う支店からの問い合わせ(物件が名古屋圏)があったのを、色々な手を使い(!?)、うちの支店でやることに。しかも、女性担当者には少し荷が重い案件なので、私がやることに…
という訳で、来週月曜日の朝には決裁を取って、その日の夕方に契約する運びで、この木・金曜日はほとんどそれに掛かり切り、それでも申請書が仕上がらないので、今日の21時まで休日出勤してきました。

金曜日の時点で『明日休日出勤します』って支店長に言うと、『まだ申請書仕上がらないの!?』と。
あの~、まだお客さんとも直接会ってないし、書類もまだ全然揃ってないし、物件だって2ヶ所あるし、全国規模で営業している不動産業者さんの案件なんだよ…?
実質、たった4日間で、決裁者に申請書を見てもらう準備と契約の準備まで終わらせたのって、すごいと思うんだけど。

支店長は違う事業部の出身だから、こちらの事業部の申請書を自ら作ったことがないにもかかわらず。
もう一つの方の事業部の申請書も作成するのが遅い、自分だったら4時間で仕上げたとかよく言われるけど、昔と違って、申請書に添付する書類やチェックする項目が膨大に増えていることを分かっていないし。

それに、一担当者として申請書作成だけに集中出来るわけではなく、部下から相談されたら手を止めて話を聞かないといけなかったり、事務処理の検印など課長の仕事もある訳で。しかも、私、両方の課の仕事をしているんだけど。

そういうことを考えもせず、ただ以前の自分と比較して『遅い!』と感じたら、そのまま口にする。
正直、ムカついてます。

ま、文句はこの辺にしときまして。
そういう訳で、この最後の追い込みのお蔭で、なんとかもう一方の事業部も目標数字達成が見えてきました!!
しかも、こちらの事業部は上期も達成しているので、通期で達成じゃぁ~

前期は大きな案件が何件かあったので、比較的楽に達成出来たけど、今期は小さな案件をコツコツと、しかも女性営業担当者2人の頑張りが目覚ましかったので、喜びもひとしおです。

あとは最後の一週間、漏れのないように最後の追い込みです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

会社、辞めてもいいかな? [おしごとのこと]

今、帰ってきたところです。

今日は、私が兼任している二つの課のうち、審査専担者として一担当者と同じ仕事ををやっている方の課、2年と7ヶ月前異動になった事業部門の方の課、21年過ごした良い意味でおおらか、悪い意味で甘い文化・カラーを持つ事業部門とは違う課の、3月期末追込み決起集会と題した飲み会でした。(むっちゃ、長い説明・・・)

正直、今、むちゃくちゃ納得感なしの、“それを求められても、困る”的な、でも言われることはごもっともな苦言を、部下から本音で訴えられ、それについていろいろ感じることを抱えたまま、帰路についたのでした。

具体的にどんなことを言われたのか。

二つの会社が合併して、名古屋支店は同じフロアで仕事をしています。合併には当たり前のことだけど、企業文化が違う会社が一緒に仕事をしているので、表に出さないところでそれぞれ不満を感じている訳です。

毎日時間との戦いで朝早く出勤して、夜遅くまで残業して、自分の限界と思えるところまでのレベルで仕事をしている人と、定時になったらぴったり帰宅したり、日中仕事とは関係ないことをおしゃべりをしたりして過ごしている人がいて。
当然、前者の人は後者の人に対して、かなりの不満を持っています。

そして、彼の最大の不満は、二つの課を兼任している課長…つまり私が、そういう不満をなくするように後者に対してもっと厳しく接して、調整すべきだと。二つの課が同じレベルの仕事ぶりが出来るようにするべきだと。

彼が指摘している後者のメンバーの仕事ぶりは、確かに私も転勤してきた時びっくりするくらいで、“あり得ない~!!”仕事ぶりで、全社的に有名な話になるくらいでした。過去歴代の支店長や課長たちが散々言ってきたにもかかわらず、見事に手に余していた状態だったようです。
それでも合併して、トップが今の支店長になったり、他のメンバーが産休などで休んだりして自分がやらなければ課の事務が回らないという状況にもなって、彼女なりに出来るところで頑張ってきているのです。

まあ、彼女なりに頑張っているというレベルがまだまだ低いので、以前と比べたらかなり良くなったレベルでも、さっきの彼を始めとするもう一方の事業部のメンバーからすれば、まだまだ遊んでるとしか見えないようです。

私としては、彼女なりに頑張ろうと思っているのがわかるし、会社にはいろんな能力の人がいてレベルも違う人がいると思っているので、それぞれのレベルに応じた頑張り方をすればいいと思ったりしています。

これは、たぶん、私が21年間過ごした会社の企業文化だと。

でも、1年8ヶ月過ごした方の事業部の企業文化…会社に対する考え方は違う。
“会社が要求する仕事ができない人は、要らない。辞めるべき”
そういう考え方。

この話は、以前2年7ヶ月前に後者の事業部に私が異動になった時、一緒に異動になった事務職の女性が辞めた時にも突き当たったテーマです。

もちろん、会社の利益を追求するなら、後者の考えが正しい。業績目標達成至上主義なら、数字を上げない人は、要らない。
銀行が親会社になって、経営者も当然親会社の意向に沿っているので、今は会社の意向としては、後者の考え方なのかもしれない。

後者の考え方からすれば、前者の考え方は受け入れ難い。
そんな甘い考え方だから、実質的に潰れたんじゃないかと。
そう思っている。

でも、前者の方が、人として温かく感じるのは私だけだろうか・・・?

“出来ない人は要らない。辞めてもらって結構”
それは当たり前のことのようだけど、それじゃあ、あまりにも。

そういう葛藤が、今日のテーマでした。
そして、それを私が調整すべきだと。

彼が言っていることは正しいだけに、でもそれに素直に同意出来ないもどかしさ。

…もうこんなことなら、私自身、辞めてもいいかな…と思ったり。
このことだけじゃなく、もっといろいろ納得感ない会話で終わった飲み会でした。

最近、例えば、失業保険の給付額を調べてみたり、貯金の残高を確認したり、マンション売却を想定したりして、今辞めても何とかなりそうかな~なんて考えることが多くなりました。正直言って。







nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

今年最後の休日出勤 [おしごとのこと]

明日はクリスマス・イブですねぇ~

今日は、朝から夕方まで、今年最後の休日出勤。
とはいえ、最近疲れが溜まっているせいか、予定時刻には起きれなくて、
会社に着いたのが10時過ぎ。
そしたら、既に支店長がいて・・・ちょっと気まずい・・・・

最近仕事が立て込んでいて、申請書を上げるのに時間が掛かって、
支店長から、『なんでそんなに遅いの?そんなことで、どうするの?』と詰められている毎日。
なのに、休日出勤したいと言うと、
『出ないと、出来ないの?』と、また詰められ・・・

・・・申請書を作成するだけが、私の仕事じゃないゾ!
一つの課の、一担当者の仕事のペースと比べられても困る。

もう一つの課の部下からの相談や検印や申請書が上がってきたら、そっちを優先してやらなければならないことが多いし、
会議だって、両部門の会議に出なきゃいけなかったり。
支店長が外出することが多くなったので、住宅ローンの方の検印もやらなければいけないし。

それに今私がやっている審査業務の経験は、前の職場で1年半、今の支店で4ヶ月しかない。
申請書の書き方だって、それぞれの支店長によっても違うから、
イレギュラーな案件だと、いちいち人に聞いたり調べたりしながらやっている状態。
他の4、5年以上やっている担当者と比べられても・・・

物件の調査だって、もう一つの課の女性を使って申請書を書く時間を作れ、と言われているけど、
もう一つの課の女性は、3人いるうち1人は緊急入院中でいつ復帰できるか分からない状態だし、
もう1人は時短だし、残る1人も新婚さんで、残業しないし。。。

それに、来月は女性の営業担当が、本店で2週間の研修。
彼女は営業職になって半年だけど、もう充分戦力になっていて、
彼女がいない間、どうやって回していくか・・・
って、話が出たときに、
支店長が、『課長がやって』と。

今でも、毎日10時までやって、時にはお昼を取ることもできず、休日出勤もしているのに、
もう一つの課の案件を担当するなんて、無理だ~!!
もう一つの課の方も、2年近くブランクがあるのに・・・


うちの会社で初めての両事業部を兼任する課長で、比較する対照がいないので、
際限なく、いろいろなことを求められている気がする。

そもそも、2つのまったく違う会社が長年培ってきた審査ノウハウもかなり違うし、
規程やマニュアルも、同じ業務なのに、全然違う。
そういう細かい所までのことを2つとも理解して、覚えていて、
両方の課の仕事を一緒にやるってこと、すごく大変なんですよ~
こっちの課ではOKだけど、もう一つの方ではNGとか。
そんなこと、いっぱいあるし。

・・・誰か、どうにかしてほしいデス。。。

何より、直属の上司がそのしんどさを理解してくれていないことが、一番しんどい。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ご冥福をお祈りします [おしごとのこと]

先日、元同僚が亡くなりました。
まだ、私よりも二つ年下の若さで。

亡くなった死因が、分かりません。

訃報を知った後、2ヵ月前まで彼と一緒に仕事をしていた後輩に聞いてみたけど、分からないとのことでした。
お通夜や告別式の日取りが発表されるまでに何日か掛かかり、最終的には家族葬にされるとのことだったので、
もしかしたら・・・と。

2年半前にわずか4ヶ月しか一緒に仕事をしていないけど、
彼は結構飲むのが好きで、若い子たちと一緒に夜遅くまで飲みに行きました。
その後、私が転勤になってからも、一緒に飲んだり話をする機会がありました。

彼が亡くなる2、3週間前にも、仕事のことで、彼と電話で話をしたばかりだったのに。
その時は、『今は、一番下っ端になりましたよ~』と、笑っていたのに。


彼が2ヶ月前に本店に転勤になったのは、課長職を解かれての異動でした。
彼にとっては、辛い異動だろうな・・・と感じたことを覚えています。
異動になった原因も、それとなく分かっていたので。

若い子たちの兄貴分でよく後輩たちとつるんでいたし、奔放そうに見えていたけど、
ちょっと繊細な所があるなとも感じていました。
だから、この異動は彼にとっては本当に重いことだなと。

2ヶ月前に異動になった理由は、2年半前、彼が私のいた前職場に異動になってきた時の理由と、重なるところがあるんじゃないかと。

・・・責任を取らされた、ということ。
その原因は、すべてが彼の責任ではないのに・・・
2度も、同じような降格人事という屈辱的なことが。


彼が亡くなった理由が分からないのに、とても不謹慎だと思うけど、
もしも、本当にそのことが原因になっているのなら、
なんと、やりきりれないことか。

ほんとうに、ショックです。


2、3週間前に彼と話した後、何日か経ってからもう一度、彼から電話がありました。
私は不在で、“また電話します”のメモがあったんだけど、
最近、とにかく毎日忙しくてバタバタしているので、そのままにしてしまいました。
結局、その後、彼からの電話がありませんでした。

そのことが、心残りです。


早過ぎるよ。
心から、ご冥福をお祈りします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

またまた休日出勤 [おしごとのこと]

10月から私に課せられた仕事が、審査業務。お客さんと面談して、貸付申請書を起案して、契約実行の段取りをつける仕事です。
仕事の内容そのものは、1年半やって、その後5ヶ月のブランクを経て再開。ある程度は単独でやれるけど、イレギュラーな案件は、まだ聞かなきゃ分からないレベル。

対顧客との業務なので、期限があるし(けっこうタイト)、しかもちゃっちゃとこなして行かないと、どんどん溜まってしまう。
にもかかわらず、もう一つの課の新米営業担当者2人の相談・指導もしなければ、もう一つの課も停滞してしまう。。。
彼女たちからの相談や案件の申請書が上がってくると、自分の仕事を中断して、そちらに掛かりきりになってしまう・・・

他にも、いろいろな雑務や事務の検印や、管理業務まであって、しかも今は上期の業績評定の締めが。
私がメインで見ている課の5人分の業績評定を、期日までにしなければいけない。。。

5人から上がってきた自己評価は、前期は課の目標金額を大幅に達成したにもかかわらず、5段階評価の2をつけてくるメンバーもいて。(今回しか、5をつけられる時はないゾ~!!)調整が難しい。。。


そんなこんなで、
自分がやらないといけない仕事が、いい加減リミットを迎えるので、
今日、朝から休日出勤してきました。

みっちり8時間、むちゃくちゃ集中してやってきました。
誰もいないオフィスで、電話も鳴らないし。

申請書を1.5件分仕上げて、期日の目処が立ちました。
でも、もう一つやりたかった仕事には手をつけられず。

う~ん、ペースが遅いのか?
どっちかというと、私の仕事、丁寧なので。
もっと、手を抜かないといけないのかも。

かといって、きっちりとやらなければ、今期から本部からの申請書チェックも厳しくなったし。
どうしたもんかな。。

経営側は、とにかく、数字第一。
社長ミーティングの時に『休みをもっと取れるようにしてほしい』と言ってしまった女性が、別の部署に異動になってしまった。
店部長会議の席次も、業績達成順だったそうで。

とにかく、モーレツってかんじ。

だけど、休日出勤や毎日遅くまでの残業や、早朝出勤をしなければこなせない数字を張り付けるのって、どうなんだろう。
不満がある奴は、やめてもらって結構。
そういう体制になりつつある。

昔ののんびりした時代からいる私たちのような古い社員にとっては、
意識を変えないと、生き残れない。
世知辛い世の中ですねぇ~




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

前半戦、終了~!! [おしごとのこと]

4月に名古屋に転勤になってから、初めての期末を迎えました。
2つの課、事業部の兼任なんて、一体どうなることやら・・・と思ってたけど、何とか2つの課共に、良い形で上期が終わりました。

が、とにかく慌ただしくて、大変な半年でした。

とにかく今の支店長は、次から次へと色々なことを考えて指示してくるので、実際に部下に指示を出したり、自分が動かなければならないことが多くて。
というか、実際に出来るかどうかは二の次で、とにかくまずはやってみろ、というスタンス。
なので、『そこまで、やれってか!』ということが多いのです・・・

求められることのレベルが高いというか。
『課長なんだから』という言葉を何度聞いたことか・・・

『ちょっとそれって、どう考えても理不尽!!』と思うようなことも。

くそ^-!!と思いつつも、
結果的に、私がメインで見ていた課の業績の達成率が全店でトップになったし、
もう一つの課の方も、9月は私自身も一審査担当者として怒涛の日々を過ごして、なんとか目標に近い所まで出来たので、(こちらは前期と比べて目標数字は同じなのに担当者の人数が減った中での大健闘です)
どちらも『良くやった~』というところです。


が。
ようやく、何とか軌道に乗ってきた感じだったのに、またもや人事異動。
私がメインで見ている方の課は営業担当者が1名入れ替わり、さらにもう一方の課は1人減になってしまいました。

ということで、今期は私が、もう一方の課の一担当者としての仕事をこなすことに。。。
メインで見ている方の課は、営業担当3人のうち2人はまだ営業になって1年未満。
まだまだ独りで営業や審査をすることが出来ないので、当面はこれまで通り彼女たちの指導が必要。
案件が多い時は、私自身も審査業務をやらなければならない。

けっこう、手一杯だったんだけどなぁ~

それ以外にも、支店の事務体制やルールを決めたり、事務の検印やったり、実績の計数管理や本部への報告などなど、一担当者以外の仕事も満載なのに。

この上さらに、異動になった担当者の代わりと、もう一つの課の管理業務までやってください、と。
『本部にも相談したんだけど、ももんさんなら出来ると、部長たちも言ってくれたし。俺も、出来ると思ってるから』って。
・・・う~ん、それって褒められてるの?

なんか、ホンマに、無理なこと言ってると思いませんか~??

ああ~(ー_ー)!!
何でもかんでも、私にやらせるなー!!

こうやって改めて書くと、けっこうストレス溜まってるな~私。。。

でも。
着任半年目で良い業績を残せたとしても、それは、単なる偶然では?と言われる。
次の半年でも、結果が残せたら、実力に変わる。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

どうしたもんかいなぁ~ [おしごとのこと]

久しぶりに仕事のこと書きます。

今の支店は、もともと別の会社だったメンバーが同じフロアーで仕事をしていて、支店長も私も両方の部署を兼任していて、表面的には一つの会社になった訳だけど。。。

一緒のフロアーになってから2年以上経っていて、それなりに交流はあって、それぞれの業務とか慣習なども共有化されつつあるけど、
やっぱりまだまだ、基本的なところの部分、社風とか仕事に対する感覚とか、全然違うなぁ~というかんじです。

私がメインで見ている方の部署は、前期から営業になった女性と今期からもう一人の女性が営業になったので、事務担当の女性が3人に減り、そのうちの2人が時短という構成。
でも、営業担当者の数は、私を含めて4人になり、実行件数も増え、事務担当者のこなす件数は、前期と比べたら一気に3倍から4倍に増えました。
それに加えて、いろいろな要因で事務ミスが多発したこともあって、今まで以上に1件当たりの処理時間が長くなってきている状況。

・・・フルメンバーでやっても、けっこうぎりぎりなので、本当なら事務担当に任せたい仕事も営業担当者がやらなければならなくて、営業活動に専念することが出来ないという悪循環になっています。

そして、一番悩ましいのは、そんな状況の中、年休を取るメンバーが非常に多くて、しかも同じ日に取ること!!
今日の午前中は、なんと事務担当者3人中、3人が年休。。。(ちょっとあり得ません!)
来週の月曜日も3人中2人が休み。
この時期、月末に向けて、営業担当者は案件の追い込みを必死でやるわけです。
急ぎの契約や実行が多い時期でもあります。
営業担当者が動けない分、カバーしてもらいたいことも増えます。

なのに・・・!!

同日に休みが重なることが多いのにも理由があります。
やはり、時短のメンバーが突然休む、ということが多いのです。
子供さん(まだ、赤ちゃん)が熱を出したりして、保育所に預けられないとか・・・
場合によっては、その後何日間か続けて休むといったことも。。。

このことが、ほんとに頭の痛い問題です。

それから、営業担当者になった女性のメンバーも、『ちょっと、勘弁して~』と言いたくなるような休みの取り方をします。
会社からは、みんな1年に1回は1週間の連続休暇を取るようにと、半強制的に指導されているので、自由に取っていいと思っているのか、繁忙期に取ったりする。
9月は中間決算月で、業績の締めの月。

もう一つの部署は、特に3月9月の繁忙ぶりがとにかくすごくて、
営業担当者は、目標数字を達成できていなければ、相当のプレシャーをかけられて、生きた心地がしなかったり、
本部から営業店へのいろいろな依頼事は避けるようにと社長から言われていたり、
業務監査から検査予告が入ったら、『時期を考えて、遠慮してほしい』と断ったり(結局、受け入れられなかったけど)、
と、とにかくすごいのだけど。

同じフロアーで、片やそんな怒涛の9月を迎えて戦々恐々としている状況なのに、片や、9月半ばに連続休暇を取る営業がいたり。。。

実際、年休の事前承認は私の仕事なんだけど、転勤して間もない頃は、そこまで深く考えずに承認してました。
それに、本人が休みを取ることを決めた後で、直前になって申請してくるので、基本的には承認せざるを得ない。
でも、さすがに、9月の連続休暇の件は、ちゃんと本人に話をする必要があるなぁ~と思っているところです。

事務担当の女性にも、ちゃんと話をしないといけないなぁ~とも。

休みを取ることは権利でもあるので、強制的に休むな、とは言えない。
でも、自分が休みを取ることで、残る人の負担が増えるということをしっかり考えてほしい。
事務担当者同士なら、『お互い様だから』と割り切れるかもしれないけど、支店全体のことまで考えてほしいなぁ。

さっき書いたように、営業も事務担当もみんな目の色変えている違う部署のメンバーからすれば、業務に直接の影響はないけど、気持ち的にはすごく不満があるようです。
そこは、両方を見ている私がフォローしなければいけないことなんだけど。。。

それにしても。
課長になるまではけっこう自由に休みを取っていた私が、こういうことを言うのはどうかと思うんだけど。


事務担当者のうち3人が時短、もう一人も今度結婚するので、いつ産休を取るかもしれない・・・という、人員構成のリスクがあるし、
残業に対応できるメンバーも少ないので、
支店長に、『もう一人、残業が出来る事務担当者を増やしてほしい』と言ったら、
『俺には、その考えは今のところまだ、ない』と言われてしまいました。

確かに、年休の消化率とか残業状況とか見れば、会社側からすればまだまだ余裕があるレベル。
でも。
現場は、かなりキツイ状況なんだよぉ~!!
『事件は、会議室で起きているんじゃない!!現場で起きてるんだ!!』
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

微妙なかんじです [おしごとのこと]

休み明け、新しい人事制度で決まった資格や給与の通知を受け取りました。

もともと異なる給与体系だった会社が合併するのだから、どうしてもどちらかが水準が良くなって、もう一方が悪くなる・・・ことは仕方がないことです。
さらに、合併を機に全体の人件費を抑える・・・ということもあるので、どちらの方も以前と比べて悪くなる、ということもあり得るのですよねぇ。。。

新人事制度は、とりあえず経過措置が取られるので、いきなり給与が下がるということはないけど、以前と比べると、毎月の固定給の割合よりも業績連動するボーナスの割合が多くなったので、会社全体の業績だけじゃなく、個人の人事評価によっても、年収が大きく上下する仕組みになったようです。

それと、福利厚生としての住宅手当の支給基準も変わったので、年収ベースでかなり下がる人もいるようです。

下がる人もいるし、給与に関してはデリケートな問題でもあるので、本社の人事担当者が個別説明のために支店に来られました。

私自身は、とりあえずこれまでと比べて、ほぼ横滑りの資格・給与になっていました。
2つの事業部を兼務していることについても、わずかながらも考慮された内容だったので、
なんとかモチベーションを維持していけるかなぁ~と思ってます。

で、その人事担当者と支店長と3人で、12時頃まで飲んで、
今回の人事制度について語り合う機会もあり。
彼は、この人事制度を立案した一番の中心人物でもあるので、
ずいぶん話が盛り上がりました。
まあ、言いたいこともいろいろ言えて、良かったかな。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

東京での2日間 [おしごとのこと]

昨日、おとといと東京の本社に行ってきました。
公けの集合研修ではなく、業務に関わりの深い部署でマンツーマンの個人研修といった形です。

1年8ヶ月のブランクを埋めるためのリハビリと、情報収集、ついつい敵対してしまいがちなその部署の人たちとの親睦を深めるため・・・などなど、いろんなミッションを受けての研修でしたが、まあ、ある程度の成果はあったのではないかと。

それから、以前一緒に仕事をしたことがあって東京に転勤になった人たちや、面識のある人たちとも話をする機会が多くて、ずいぶん懐かしい思いをしました。
数えてみたら、2日間でざっと20人以上の人たちと言葉を交わすことが出来て、ちょっとした同窓会気分も味わいました。(おいおい、遊びに行ったのではないゾ~)

そのかわり、2日間留守にしたおかげで、今日は(も)一日中バタバタ。
帰宅も、10時半を過ぎてしまいました・・・



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新しい職場のこと [おしごとのこと]

新しい職場に来て、早いもので1ヶ月経ちました~

二つの事業部が同じフロアにあって、支店長も両方を兼任しているので、以前の職場に異動になった時よりは、かなり精神的には楽になりました。

以前は、ほぼ単身で(厳密に言うと違うけど)、全く知り合いがいなくて慣習や社風の違う別の会社に乗り込んだので、ほとんどすべてのことを合わせないといけなかったり、もう一つの事業部に対する不満や批判などを一手に受けなければならなかったので、相当精神的に図太い私でも、かなりきつかったのでした。

でも今回は、みんながお互いの慣習などに戸惑いながらも、折り合いがつくようにしようとしているし、一緒に出来ることはもうすでにやっている。(例えば、飲み会とかお昼を一緒に食べるとか)
これまで一緒に仕事をした人や面識のある人も何人かいたので、疎外感は全く感じなかったし。

なにより、上司である支店長とはいろいろと話をする機会もあって、なんとかうまくやっていけそうなことが一番大きいかも。
しかも、なんと同い年!

支店長も両方の事業部を兼任してはいるけど、業務そのものは経験したことがないので、実際の実務はよくわからないというのが現状。
なので、実際に私の立場は、元の事業部の実質的な長、という立場になるのでした。

なのに、2年近いブランクがある!
違う事業部にいると、業務に関する通達などはまったくのスルーだったし、なにより、新しい仕事を覚える中で、前の仕事に携わらなければ細かいことは忘れてしまうわけです。
しかも、前の事業部の業務に関する規程などはものすごく複雑。

とにかく、この1ヶ月、大したことは何もやっていないのに、時間だけがどんどん過ぎて・・・グループ会社や取引先への挨拶周りと、調べものするだけで終わっています。

前職場では、ほとんど自分の数字のことだけを考えていればよかったけど、今は、また部下もできて、支店の次席という立場にもなって、一挙に責任が重くなったのと、早く結果を出さなくていはいけないし、早急なリハビリを迫られているので、かなり気が焦ってはいます。

が、前回の異動の時にもなんとかなったし、今回も何とかなるかなぁ~と楽観してたりもします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

名古屋に転勤~!? [おしごとのこと]

久しぶりに仕事のことを書くことになりました。

1年8ヶ月前に今の職場に異動になって、これまでの社会人生活の中で一番ストレスを感じていたんだけど、ようやく最近は仕事にも職場にも慣れてきて、自分のペースを掴めるようになってきたのでした。

仕事が忙しくて帰るのが遅いということもあるけど、あまりストレスを感じなくなってきたので、このブログにも会社のことはあまり書かなくなってたんですが。

それがですねぇ~

また、異動だって~??
しかも、名古屋。

仕事でもプライベートでも全国のいろいろな街に行ってて、大きな街ならどこが繁華街とかビジネス街とか、大体わかってる方だと思うんだけど、名古屋は全く土地勘なし。
これまで名古屋市近郊には何度か行ったことがあるけど、名古屋市内はほとんど素通り。

唯一、学生時代に名古屋城まで行ったことがあるけど、なんと夜中。30分ほどいただけで京都に帰ったことがありました・・・(懐かしい思い出~)

という訳で、家探しも大変です。
路線も全然わからないし、初めて聞く地名が多すぎ!!

広島も初めての土地で全く土地勘がなかったけど、広島は街が小さいので慣れるまでに時間は掛からなかったけど・・・
名古屋は三大都市圏だからなぁ~

土地勘の無さ以上に、不安なこと。
今度の私の役職!!

合併前のそれぞれの会社のメンバーが、そのまま事業部として分かれているんだけど、私は、両方の事業部の課を兼任するらしいです・・・

まあ、今の職場に異動になった時、それとなく将来的にはこういう人事があるかもとほのめかされていたものの、こんなに早くその時が来るとは!
ほんま、びっくりです。

とはいえ、あれこれ考えても仕方がないのと、
もうここ最近で何回か突然の異動が出て、ある意味免疫ができた感じで、実は意外と落ち着いてます。
とりあえず、必死でやればどうにかなるわぁ~と、楽観してたりします。

それと、やっぱり、覚悟もできたかんじで。
今の職場に異動になって、あいつは全然使い物にならへんやん!という判断を、会社にされなかったということかと。

もう一つは、人事面で、前にいた事業部のラインからはずれて、こっちの事業部のラインに組み込まれるのかも・・・という不安というか、寂しさみたいなものがあったけど、そこが少しはっきりしたのですっきりしたってこと。
よく考えてみれば、
前にいた事業部と今の事業部のライン・・・の両方から、外れているってことだけど?!

それにしても。
異動のペース、早すぎませんかぁ?
入社して20年間、全く異動がなかったのもスゴイけど、
その後の4年間で4回目の異動の辞令が出るなんて。
広島が2年2ヶ月、大阪の別の事業部に4ヶ月、今の事業部には1年8ヶ月。
この分だと、次の名古屋もそんなに長くない気がするなぁ・・・

昔、同じようにあちこち異動になっていた誰かさんが、嘆いてたのを思い出しました。

サラリーマンだから異動は仕方がないとしても、引っ越しを伴う異動は職場だけでなく住環境も変わるので、すごく大変なんですよ~

とりあえず、異動が出てびっくり仰天!は通り越して、家探しや引っ越しやら、目の前のやらなきゃいけないことのあまりの多さに、ちょっと笑えてくる心境です。。。

H18年にマンションを買ってから、ちょうど2年ごとにお引越し。
社会人になってから、8回目のお引越しです・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

人事異動の季節です [おしごとのこと]

しばらく、会社のことは書いてませんでした。

9月は、新しい職場に異動してから一番忙しくて、しっかり働いた月になりました。
4月からのトータルの個人実績は目標に届かなかったけど、9月が人並みに(?)数字を残せたので、支店の上の人たちもそこそこ安心したようです……

ま、、目標の設定の仕方も、いろいろと疑問の余地あり、なんだけど。。。

簡単に書くと、私を含めて合併の人事交流で他の事業部に異動になったメンバーに対して、異動を決めた本部の人たちの意図が支店の長に伝わっていない、ということで。

本部の考えとしては、他の担当者が取ってきた案件もたくさん回してもらって、いろいろなケースの案件を数多く担当できるようにということみたいだけど、
こちらの支店長の考えは、他の営業担当者と同じように、少しでも多く営業に回って自分で案件を取ってこいという考え。

異動してきて半年や1年で、業者やエリアの引き継ぎもなく、案件がバンバン出来る訳ない!!
でも、役席がついているんだから、出来て当たり前……と。

たぶん、今までの会社生活の中で、一番営業に出て、必死に、まじめに働いてます。
朝も、早出するようになったし。
夜も、残業続きだし。
年休も、あんまりとってないし。(以前が、取りすぎ!?)

まあ、こういう時期もあっていいとは思うけど、真夏に一日外に出て歩き回るのは、四十路の体にとってはつらいデス。
たぶん、あと2、3年の辛抱だと思うけど。


さて、そうこう言っているうちに、人事異動の季節が、またまたやって来ました。
今回は、本店、地方支店全体の組織変更もあって、かなり大掛かりな異動となりました。
いよいよって感じです。

身近な所でも何名か異動になりました。

来週は、歓送迎会に2回出席予定。

以前いた職場での部下も、本店に異動になりまして。
『今度の上司は、容赦ない人だよ~』と、忠告しておこうっと。
かなり、手を焼くかもしれませんが、なんとか鍛えてやってほしいものです。


私自身の異動は、来年?再来年?それとも……?










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いつまで続くのかな……? [おしごとのこと]

GW前後からずっと、仕事が忙しい日々が続いています。

目標数字のプレッシャーもすごくあるけど、帰宅時間が21時22時という日が続くと、頭がボーっとしてきます。
ヴァイオリンも、平日はほとんど練習できなくなりました。

残業だけでなく、最近は早出も。
先週は、8時前に会社に出て、夜は22時まで、という日がありました。
私以上に、ほかのみんなはもっと忙しそうで、会社に7時前に来ているメンバーも何人かいます。

それだけやらなきゃ目標達成できない……というのは。
なんか、それでいいのかなぁ~?と思ってしまいます。

ところで。
再来週、研修で東京に行きます。
人事交流の第1陣と第2陣のメンバーが対象です。
今回は、業務研修の他にも、人事・企画部主催の研修も。
というよりも、意見聴取の飲み会がメインだったりするようですが。
社長や役員たちと話す機会もありそうです……
どうなることやら。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

びっくり!人事異動の季節です [おしごとのこと]

4月1日付の人事異動の発表がありました。
元いた職場の支店長が代わりました。。。予想していたことだけど。
でも、その代わりに来る新しい支店長は、予想外~
元同僚なので、どんな人かは知ってます。

昔、彼と私がいた当時の上司から、彼はあるアドバイスを受けました。
その上司が彼に言った事、ほんとになったなぁ~と思って。
いろいろとやりにくかったり大変だと思うけど、頑張ってほしいなぁと思うのでした。

もう一つの驚き人事。
私のいる職場にも、元同僚がやってくるのでした。
合併後の人事交流第2弾です。

私の今の上司や同僚たちは、この人事、つまり私のような立場の人がもう一人やってくることについて、かなり動揺?したようです。
私や彼がどういう目的でこの支店にやってくるのか……
この人事異動にかかわっている本部の人からは、何も聞いてないようです。

私はといえば……
2週間ほど前、人事異動にかかわっているキーマンとも言える人と話をする機会がありました。

『正直に言って、今、やめたいと思うほど、かなり精神的にキツイです』
私はその人物に言いました。
新しい職場に来てからの私自身のこと、あまり、このブログにも書いてません。
今の職場の上司や同僚にも、もちろん言えません。
前の職場の人たちにも、言えません。
私が苦しんでいること、誰にも言ってなかったことを、この人物に話しました。

何が、苦しいのか。しんどいのか。

私はこれまで20年以上同じ仕事をしてきた中で経験や知識を積み重ねて、課長という役職について部下もできて、自信と責任が身についてきていました。
新しい部署に異動になったとしても、それはステップアップであって、新しい仕事や職場に馴染むためには、これまでの私自身の持っているものにプラスアルファすれば良かったのでした。

でも、今の職場は、合併前には別の会社であって、業務内容も仕事のルールや規定も、文化も、もちろん人間関係も、全く別の会社。
これまでに積み上げてきたものがほとんど通用しない、つまり0からのスタート。
入社2~3年目の若い人たちに教えてもらったり、上司からはけっこうきつく叱責されたり。
課長職にありながら、その役責を果たすどころか、一番下っ端な訳です。

よく考えてみれば、ここ十何年も、上司から叱責されることなんてほとんどなかった。それが、周りの同僚から心配されるくらいに、注意ではなく、叱責される。
何が原因かといえば、申請書の書きかたがおかしいとか、社内用語の使い方が間違っているとか。
保全上問題ないと思うことや内容としては間違ってないことでも、『うちでは、こういうやり方はしないから』と撥ねつけられる。
要するに、ルールや慣習の違いがほとんど。
そういう自分自身では納得できないことで叱責されるので、かなりへこみます。

『うちのやり方』に合わせるために、こちら側に来たのか?
そもそも、『うちのやり方』が正しい?
というよりも、合併したんだから、『うちのやり方』を主張するのは変じゃない?

若手が上司から怒られるのは、それも仕事のうちで、必要なこと。
でも、ルールや慣習が違うことで怒られるって、しかもそれは事前に教えてもらっているわけではないことがほとんど。
前の会社のように、事細かな規定があるわけでもなく、慣習としてそうなっている、ということが多いので、私が知らないのも当たり前なんだけど。
傲慢な言い方をすれば、『なんで今更、私が怒られなきゃいけないの?!』
そう思う日々なのでした。
そして、それがストレスになっていて、私自身に自信が持てなくなっている。


こういうことを、私の異動を決めたメンバーの一人と思われるこの人物に、正直に話しました。
この人物は親会社からの出向組で、彼自身も私を同じような立場を経験している人でした。
『だから、気持ちはすごくわかります』と。

私がこの職場に異動になった意味、役割、そしてその先に期待されていること。
そのことについても、話してくれました。
『だから、今は苦しくても、なんとかここを乗り越えて、頑張っていただきたい』と。

そして、今度の4月からの元同僚の異動。
立場的には、私と同様の役割を求められているんだと思います。
でも、たぶん彼も私と同じようなことで苦しむかもしれない。
フォローが出来ればいいけど。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ボーナス!! [おしごとのこと]

合併後、初めてのボーナス。

合併しても給与体系や人事面の統合はまだされていないので、それぞれ元の会社の基準で支給されます。
各事業部ごとに業績によるファンドが決まり、それぞれの支店の成績により部店ファンドが決まり、各個人の業績考課によりその部店ファンドが配分されます。

私を含めて、8月から出向したメンバーのボーナスは、どう決まるのだろう……と思ってたんだけど。
先日人事部長から直に電話があって、ボーナス支給についての説明をしてくれました。

出向して事業部を移ったメンバーのボーナスは、今回はとりあえず、4~7月の業績評価を元に、出向前に所属していた部店のファンドの中で配分を決めたとのこと。
つまり、出向前の部店の成績による配分とのこと……

実は、前所属部店の成績が良くなかったと聞いていたので、なかなか辛い結果に。

通常、期中での異動の場合、所属した月数の多い部署で評価されるので、その通りの考え方になったんだろうけど……
出向して何も分からず、とにかく精神的にきつかった2ヶ月間のことが全く考慮されないのもどうかと。

人事部長曰く、その辺りのことは少し考慮したとのこと。
そして次のボーナスについては、まだ検討中だけど、事業部が変わったメンバーのファンドは、それぞれの事業部とは別枠で考えたいと。
新しい事業部で働き、業績考課も異動後の部署でされるのに、違う事業部の業績連動ファンドにカウントされるのは変ってことです。

なにせ、給与体系や人事面の統合作業以前の、本部機構や事務システムなどの統合さえもままならず、本部の人たちはバタバタでやっている訳だから……
今回のように私たち事業部を異動したメンバーの処遇については、全く手探りのようです。


ボーナスのことは、とりあえず考え方が定まったようなので良しとしたいとことだけど、その他、出向して4ヵ月半経ったところで出て来たいろいろな問題点というか不満は、まだまだ道筋すらついていない様子。

もう少し具体的に言うと、仕事面では一番下っ端で、教えてもらう立場なので、入社して5年も経っていないような若者たちに、私の方が役職が上だと思ってもらえていないこと。
一応、私は彼らに対して敬語を使う訳ですよ。先生なので。
そうすると、勘違いする人もいたりする。

意地悪だとか、わざとではなく、むしろかなり、彼らは親切で『教えてあげよう』と言う気持ちがすごく強い。質問したら、みんなちゃんと教えてくれる。
私も分からないことがあったら仕事がストップしてしまうので、すぐに誰か掴まえて聞くようにしているので、教えてもらう頻度はかなり高い。

しかも、普通の新人さんとは違って、前の会社のやり方とか考え方との相違点もいっぱいあって、疑問に思うことばかり。
0からのスタートではなくて、80%位のレベルを一旦0に戻して、60%位のレベルまで一気に習得しようとしているのだから、時には、教えてもらうだけでなく、議論も交わすことになるのです。
教えてもらっても、自分の中で納得出来ないことや『それって、変!!』と思うこともいっぱいあるのです。


でも、そういったことも踏まえて相手に気持ちよく教えてもらうためには、聞き方も工夫しなきゃいけない。
つまり相当気を遣って聞いているので、下手に出てるのです。

が、そうすると、やっぱり勘違いする人もいるんですよね。


私の仕事の能力が劣っている、上席たる風格がない、信頼もない。
そういわれてしまえば、それまでだけど。

今はもう、独りでお客さんと面談して、申請書も仕上げて、契約実行までするようになったし、同時進行で案件を3、4件担当してるし、管理もやってます。
あ、もちろん営業周りももう独りで。
こちらの支店長は『もう、独りで勝手に、どんどんやって』と言ってて、『もう、独りで出来るよね?』ってな感じで、OJTも終わってます。

たぶん、同時に出向した営業メンバーの中では、一番進度が早いと思う。
この前面談した役員さんも、そう言ってたし。
だって、それはある意味当たり前で、そうでなければならないキャリアなので。

それでも、やっぱりまだまだ新しいこと、分からないことが出てくるし、『これで大丈夫』と思ったことでも『こういう慣習だから、これではダメ。こういう風に書いてください』とか、そんなことがいっぱいあって。

その度にストレス溜まってます。

ただ、こればかりはどうにもならないことなので、私が一人前に仕事が出来るようになって、プラスαの能力や知識、指導力を発揮出来るようになるしかないのです。

私は課長職なので、一人前に仕事が出来るようになるのが最終目標ではなくて、
その先、管理職としてのレベルに達することが、私には課せられているのですねぇ。
そう思うと、まだまだ入口に立ったばかりでございマス。

だんだん気が重くなってきた……
まあでも、明日、お取り寄せのズワイガニが届くので、秘かにボーナスが無事に出たことをお祝いして、リフレッシュしようっと!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

支店長と二人で [おしごとのこと]

昨夜は、今の支店の支店長と二人で飲みに行きました。

このところ残業で、というよりも早い時間に帰れる雰囲気でもないので、だいたい毎日19~20時頃まで残ってます。
昨日も20時頃になったので“もう、いい加減帰るぞ~”と思ってたら、支店長から『飲みに行かない?東三国に』とのお誘いが。
まだ他の男性諸君は帰る態勢に無く、ひたすら仕事してるし。
“え、私ひとり? 支店長と差しで飲むの? なんか、話があるのかな……断りたい……”

周りの男性が『支店長、明日早いですよ~ 6時に迎えに行きますから。大丈夫ですか?』と、救いの手を差し伸べてくれたものの、
『2時間だけだから』と。
支店長は、大阪支店に来られてから釣りに魅せられたとのことで、釣り好きな部下たちと毎週休みには朝早くから、あちこちに釣りに行っているようです。

それでも、私と二人で飲みに行こうとおっしゃるのですか~!?

けっきょく、腹を決めて、支店長の家の近く……行きつけのお店へ。
しかも、ほとんど常連さんの集まり。
支店長は単身赴任なので、週3日くらいのペースで寄っているそうでして。

中には、独りで本を読んでいる常連さんも。
でもみんな顔馴染みなので、ちょっと面白い話題になると、みんなで盛り上がったり。
もう、自分の家みたいに。
みんなこのお店で知り合っただけの仲で、それぞれの仕事や立場なんかは知らない。
他愛も無い話で盛り上がったり、でも、シリアスな話になると、それはそれで話を聞いてあげたり。
なんだか、面白い集まりでした。

そういうお店にはほとんど行ったことがないので、最初は戸惑ったけど、いつの間にか私もすっかり馴染んでしまっておりました。
帰る時には、ママさんに『独りでも来るかも!』と言ってました。

そういえば、支店長とのお話は……特に何か私に話があったわけでもないようで、それでも、閉店まで3時間近く、色々話をしてました。

支店長が大阪に赴任されてからまだ1年半とのこと。
でも、すごくみんなのこと良く見てて、それは私がそれぞれに思っていることとほとんど同じなのでした。
そして、みんなのことをとても愛しているようです。

先月の事務職女性の退職問題の時に、激しい感情を表していた支店長や、仕事や部下に対する厳しさ、ある種のオーラを出している支店長。
そういう怖さもあるけど、とても頭のいい人、そして垣根の無い考え方をする人だという気がします。


支店長が『秋の赤霧島』をキープしておられて、二人で1本空けてしまう勢いでした。
誘われた時は、むちゃくちゃ重い気分だったのに、帰りは、すごくごきげんな私なのでした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

21年と4ヶ月の最後の日 [おしごとのこと]

昨日、21年4ヶ月間勤めた会社で仕事をする最後の日でした。
8月からは出向先の会社へ、10月からは合併後の新会社へ。
なんだかとてもあっけなく、最後の1日が終わったのでした。

合併後も今までの会社でやってきた業務は引き続き行なう予定だけど、その規模や方法はまだ不透明。
管理職である私が先行して出向し、合併先の業務を覚えるということは、合併後、うちの会社から合併先の業務に携わるメンバーがあと何人かいるってこと。
たぶん、予想では、今のメンバーの半分くらいかも。

合併先の業務とうちの会社の業務は、コアな部分では似ているので、どちらかというと新商品を取り扱うという感じで、そういう意味では抵抗なくやっていけると思うし、まったく新しいことを覚えなきゃいけないという不安はない。

でも、やっぱり寂しい。
今まで、法的破綻や買収などを経験してきた会社だけど、社名を変えることなくやってこれた。
新しい社名は、なんとも微妙な、ぴんと来ない名前。(やたら長くて、言いにくいし。みんなで、電話に出る時大変だね、絶対かむよねって言ってました。)

銀行の合併とか上場会社の子会社化とか、今まであまり関心を持ったことがなかったけど、きっと、当事者の人たちはみんな同じような思いをしたんだろうなぁ。
同じ業界の会社同士なら、業務内容自体は大きく変わることはないだろうけど、まったく異なる文化や制度を持っている会社同士が一つになるってことは、やはり並大抵のことではない。

私自身、さっそく出向に際していろいろ確認してみると、先方とうちの会社で違うことだらけです。
勤務時間、年休の取り方、その他いろいろ。たぶん、行ってみるともっと違うことがあると思う。
うちの女子陣、仕事はきっちりしているけど、良く言えば和気藹々、悪く言えばゆるい雰囲気もあり、これは明らかに向こうの女子陣とは違う気がします。。。

それに、人事制度。当然、昇給・昇格の考え方も違う。
今までの会社であれば、ある程度見えていた5年後10年後の自分の社内でのポジションも、まったく不透明になってしまったし。
考えてもどうしようもないことだと分かっていても、やっぱりね~気になります。

ところで、明日から4日まで、突然東京に行くことになりました。出向先の本社で研修があります。
そう言えば、東京には2週間前に行ったばかりなんだけど……
その時は、まったくこんな展開、予想もしてませんでした。。。

出向先本社での懇親会、以前大阪支店で一緒だった同僚とのお久しぶりの飲み会、出向先大阪支店での歓迎会・・・と、飲み会三連チャンが待ってます。。。ウコン、買ってイコ~







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新しい仕事って!? [おしごとのこと]

明日、辞令が出るそうです。。。私に。
なんと、グループ会社への出向!!来月1日付けで。

もう一人一緒に出向になる女の子と一緒に内示を受けたんだけど、その子が泣いちゃって。。。
自分自身もびっくりしているのに、それ以上に彼女のことが可哀相で、ひたすら彼女を慰めてました。

私は転勤を二度経験しているので、突然の異動にも免疫が出来ているのと、
私が出向になる意味、私に課せられた責任の重さに気が引き締まる思いで、
『行きたくない』とか『みんなと離れるのは寂しい』とか、そういう境地にはないのでした。

でも彼女は違う。まだ入社して数年しか経っていない新人さんで、やっと今の仕事にも慣れてきたところだし、みんなとの人間関係も築きだしたところだし。
びっくりしただろうなぁ~

少し前に支店長から、彼女が出向になることを聞かされていて、その時は私自身が行くことは支店長も知らなかったので、『彼女一人だけで行かせるなんて、絶対反対!』って私、支店長に言ってたんだけど。
そういう意味では、私も一緒に行くことになって良かった、なんて思ったり。

まあ詳しくは、正式に辞令が出て、もう少し詳しいことが分かってから、また書きます。

不安はいろいろあるけど、この歳になって、また新しい世界が拡がり、新しい人間関係を築いて、新しい仕事が出来るってことは、ある意味刺激的かも、と思うのです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ランクアップ! [おしごとのこと]

今日は1年に一度の昇格、昇給の見直し日でした。
この5年間ずっと、会社の状況もあって、うちの会社の管理職層の中では一番下っ端のランクでした。

課長になった時に役職手当がついたので、実質的には一度お給料は上がったんだけど、
資格自体は変わらなかったので、モチベーション上がんないヨ~と思ってました。

今回も……会社はこれから大きな転機を迎えようとしている時期なので、据え置きかなぁ……とあきらめていたところ、
ランクアップしました(*^_^*)

お給料は1万円しか上がらないんだけど、
でも、気分的にはやっぱりうれしいです。。。
課長になってからの2年5ヶ月のことを、ちゃんと会社は評価してくれたんだなぁ~って。

課長としてやるべきことがまだまだ出来ているとは思わないけど、
大阪に戻ってからの仕事もなかなか充実しているし、
部下からの信頼も得られたという手ごたえも感じている。
支店長や支店のみんなとの関係も、まずまず上手くやれていると思うし。
6月は、課の営業目標も、件数金額ともに達成できたし!

ただ、合併問題でこの先の自分のポジションが見えない状況なだけに、
今は自分のやれることをやるしかないとは思いつつも、不安は募る毎日。

ここでランクアップしたことは、けっこう大きな自信になったかも。

そして、明日いよいよ、合併についての具体的な発表がなされるようです。。。

もしかしたら、支店のお引越しがあるかもしれません。
支店のナンバー2としては、ここからが正念場デス。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

こわかった~(^_^メ) [おしごとのこと]

今年2年目の新人君がやっちゃったミスのフォローで、色々考えさせられることがありました。

融資案件の相談を受けたとき、お客さんから電話で概要を聞いて、下調べをしてから話を進められそうか判断します。可能性がありそうなら、一度来店してもらって正式に申し込みを受ける……という手順です。

……が今回ミスした新人君は、お客さんからある程度の資料(決算書など)をもらった上で、『(融資するのに)ほぼ問題ないと思いますので、一度申し込みに来てください』とお客さんに来てもらったのでした。
そのお客さんが来店する15分くらい前に、新人君が私のところへ『こういう場合は、どうしたらいいですか?』と聞きに来ました。その案件について私が聞いたのは、その時が初めてなのでした。

新人君の質問内容は、そのお客さんの決算書から判断すると、当社では融資するのが難しい内容でした。私が指示したのは、『このお客さんの状況では、こういう理由から融資は難しいよね』。
理由を説明している最中にそのお客さんが来店されて、彼は私に言われたとおりの理由をそのままお客さんに話して、『上司にこう言われたので、融資は出来ません』と言ったのでした。

で、お客さんが激怒!!
フロアに響き渡るくらいの大きな声で怒っているのでした。
しばらくして、新人君がひきつった顔で私のところへやってきて、『課長に言われた理由で断ったら、上司を呼べと言われましたので、お願いします』と。。。

とりあえず、どういう断り方をしたのか、相手が何を怒っているのかを聞き出すと、その決算書は3ヶ月ほど前に別の物件購入資金として相談を受けたときにもらったもので、ずいぶん前から新人君の手元にあったとのこと。断った理由がその決算書を見れば一目で分かる内容なので、どうして今頃そんな理由で断るのかと。
電話では、新人君が融資が出来るようなことを言ったので、ここに来る前に売買契約を済ませてきたと。融資が受けられなければ、手付金を流すことになってしまうじゃないか!と。。。

話を聞くと、理不尽な要求とかなら別の対応もあるのだろうけど、こちらの対応のまずさで怒らせていることは明らかです。
“やばいなぁ~ どう対応したらいいだろう……相当怒っているみたいだし。でも、私が出なきゃ。それが課長の仕事だ!!ひたすら謝って許してもらうしかない”と覚悟を決めて、お客さんのところへ行きました。

応接室に入ると、なおびっくり!
そのお客さんの風貌が、スキンヘッド、体格も立派。金のブレスレットに、メチャクチャ高そうな時計……

とにかく最初に、お客さんから怒っている理由を聞いて、謝りました。
謝る声が、手が震えてしまいました。。。
頭の中が真っ白で、途中で自分が何をしゃべっているのかわからなくなるほど。

でもそのうちに落ち着いてきて、私自身が案件の内容を把握していなかったので、とりあえずはただ闇雲に断るのではなくて、もう一度案件の概要やお客さんの情報を集めてから、再度融資の可否を判断した方がよいと思ったのでした。

そう思うと肝も据わってきて、お客さんの目を見ながら話すことが出来るようになってきました。
私がいろいろ質問すると、お客さんの方もとにかく何とか融資をしてほしいということもあるので、だんだんと態度が軟化してきました。

話をしてみると、その社長は風貌とは裏腹に、かなりやり手の頭の切れそうなビジネスマンでした。
決算書だけを見たら規模の割には売り上げと借入金が多いので、ちょっと先の読めない危うさを感じたけど、社長の話を聞くと決算書の説明に筋が通っていて、『この社長なら、このくらいの商いをやるだろう』と思ったのでした。

けっきょく、今回最初に融資が難しいといったことについては、支店長の判断で取り上げ可能とすることもできる。総合的に判断するとこのまま話を進めても問題ないと思ったので、支店長に相談して取り上げる方向で進めることにしました。


こういうことがあるので、申込書には『申し込みをしても審査の結果融資を受けられないことがあります、その場合も理由は申し上げません』と言うことが書いてあって、お客さんにも説明するんだけど、今回はその申込書をもらう前の話。

その新人君、以前私が大阪にいたときのある課長さんとよく似てるんですよねぇ。。。仕事ぶり、話しぶり、性格も。変なところで自信家で、しかも頑固。聞く耳持たないところとか。ほんと、そっくり。(大阪支店の女子の中でも、一致した意見です)
だから、お客さんに変に誤解させる話し方をする危険性が……あるタイプなので、やっぱりか!!ってかんじです。

上司に相談せずに、案件を進めてしまっていた……ということも、彼には自信があったからなのでした。
そう言えば大阪の課長になった時このブログでも書いたけど、自信があるから勝手に進めてしまう新人さん……これを何とかしなきゃと思っていたのに、けっきょくできてませんでした。

私が管理しているHPルートからの案件については、受け付けた時に内容を把握することができるけど、それ以外の案件はある程度話が進んでからしか報告してこないのでした。
案件を受けたらすぐに共有ファイルの受付リストに入力するよう言っているけど、マメじゃない性格の人は、なかなかそれができないようで。
今までベテランの担当者が多かったし、私自身が担当者の時受け付けた案件全部を上司に報告するわけではなく、ある程度自分で判断して進めていたので、違和感がなかった。
でも、やっぱりまだ2年目3年目の新人君たちは、そういうわけには行かないのだと、思い知りました。

それから、断り方ももっと細かくアドバイスするべきだったと……その場は一旦正式に申込書をもらって、『審査の結果断ることがある、その際の理由は答えられない』ということをちゃんと説明してから、後日断るということもできたのに。
相談されたのが直前で時間がなかったとは言え、そういう断り方もちゃんと教えるべきでした。。。

この件のあと、その新人君を別室に呼んで2人で話をしました。
『これから当分の間は、受け付けた案件はお客さんに方向性を伝える前に、全部私に報告してね』と。

彼は、『すごく、悔しいです』と言ってました。
『何が、悔しいの?』
『自分は分かっていると思っていたのに、まだまだ奥が深くて。知らないことが、悔しいです』と。

今これを書いている間に、ソクラテスの『無知の知』を思い出しました。
『自分が何も知らないということを知っていること』です。
すごく良い言葉だと思うのです。さすが、哲学者!

新人君が『知らないことが、悔しい』と言った時、ちょっと、『無知の知』とは違うなと思いました。
私は『無知の知』=『謙虚さ、思慮深さ』だと思っているんだけど、新人君は『知らないことは、恥』と思っているようです。
だから、『自分が知っていることについては、かなりの自信を持っている』のだと思います。それが、危険だっちゅーに。
彼と話した時はソクラテスの言葉が浮かんでこなかったので、それ以上何も言わなかったけど、今度もう一回、『あなたは、まだ何も知らないぺーぺーちゃんなんだよ』って、そのままは言わないけど、そういうことをちゃんと言っとくべきかな(^_^メ)

今回のことで、彼は相当怖い思いをしたと思うけど、ちゃんと学んでくれればいいなぁ。

私は私で、上司として部下の代わりに謝る……ということを初めて経験して、しかも震える思いまでして、でも、いい教訓になりました。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

新しいメンバーたちと [おしごとのこと]

3月29日、大阪への新居探しのあと、新しい職場へ顔を出しました。
2年前まで勤めていたところなので、まったく不安はないのだけど、それでも色んなことが少しずつ変わってました。
職場のあるビルに入っているお店が変わっていたり、トイレが改装されてきれいになっていたり。

事務の進め方も検印の順番も、大阪支店独自のルールがあるようで、やっぱりそのあたりの勝手が違うので戸惑うことも多いです。
今回の異動で役席者が3人とも変わるので、また新たにいろいろな担当を決めていかないといけないんだけど……みんなが揃うのは来週半ば以降になりそうなので、まだまだ混乱は続きそうです。

それに今回の異動では、別の支店で課長だった人が、事情があって課長の任を解かれて(つまり……降格)、大阪支店にやってくることになったのでした。
課長が不在で支店長が課長を兼任している課があるので、彼をその課に配属して、彼に事務の検印をする権限を与えるつもりのようなんだけど。

どういう事情で降格になったのか、その人とどう接するか、どこまでの権限を与えるのか……
新支店長も私も、そして彼と同じ課のメンバーも、すごく微妙で悩ましい状況にあるのでした。

彼とは昨年の課長会議の時に会っているので面識はあるけど、ほとんど会話してないので、どういう人かはわからないんですよね~
ただ、2月に広島に異動してきた部下が、異動前にその課長の直属の部下だったので、昨日その部下夫妻と飲んだ時、彼の人となりとか降格になった理由とか、ちょっとリサーチしておきました。


さて、それ以外にも、なかなか悩ましい部下もいるようで……
大阪支店にはまだ2日間しか出てないんだけど、さっそく色んなメンバーから色々な情報が集まりました。

女性のメンバーは私が2年前に大阪にいたメンバーばかりなんだけど、男性の営業担当者は全員新しいメンバーになっているのでした。
なんとうれしいことに(!?)、みんな20代の独身男性なのでした。
……つまり、最近私が接することのほとんどない世代、いわゆる“ゆとり世代”なのです。

入社年数が浅い割りに、バリバリと仕事をこなす人もいるし、緻密できっちりとした仕事をする人もいるようなんだけど、反対に、入社年数が浅いのに“自分は知っている、解かっている”という自信を持っているメンバーもいるようです。

そう言えば、以前大阪にいた時にも20代の男性がいたんだけど、彼もかなり自信家で謙虚さがなかったので、私、その彼にお説教をして、泣かせてしまったことがありました~(^_^メ)

広島支店でも、自分に自信があるのか、妙に頑固な20代女性の部下にも、何度も同じ事を注意した……けど、けっきょく最後まで直らなかったなぁ~ 

彼女彼らの傾向として、教えたり注意した時は『わかりました!!』って言うんだけど、けっきょくまた同じことを注意しなければならないはめに。……『ほんまは、わかってへんやん!!』って感じです。
それって、自分に自信があるから、上司や先輩の言うことを謹んで聞くことが出来ない、ということなのかもしれないなぁ~と思うのです。

自信を持つということは、仕事の上ではとても大切なことではあるんだけど、逆に、経験不足や知識不足の状態なのに自信だけがあるというのは、会社にとってはかなり怖いこと、なんですよねぇ。
解かっていないのに、上司や先輩に聞かず、自分の思い込みだけで勝手に進めてしまう。
結果的に、大きなミスに繋がることが多いのです。

教えても『わかりません』とか反応がないのも困るけど、そういう場合は周りがサポートしながら進めていけるので、大きなミスにはならない。
でも、自信家の新人さんたちほど、上司や先輩にとって怖いものはない……

ということで、大阪支店での課長としての当面の課題として、まずは自信家の新人さんたちの鼻っ柱を折ることから始めるつもりです。
1人だけじゃないので、ちょっと苦労するかもしれないけど。

他にも、前支店長と前課長の怠惰な采配の結果出てきた色々な歪みも、直していかないといけないし……

実は、今回の引継ぎの中で、前支店長と全課長が対応するべきだった期限付きの仕事を、いきなり任されたのでした。
当社が被告となる訴状を受け取り、答弁書を出す期限が4月12日まで!それまでに弁護士と相談して、その対応方針について社長決裁を取る必要があるのです。
よくよく訴状を見ると、以前から代々の支店長や課長が対応してきた訴訟案件の関連で、内容が複雑な話なのです。
訴状が大阪支店に届いたのは3月15日頃なのに。。。この半月、前支店長も前課長もまったく何も動いていないのでした。

で、4月1日の夕方、前支店長が私に『これ。引継ぎだから。稟議上げて』と、分厚い訴状をポンと私の机の上に置いただけ。細かい説明もなし。
って、私、4月2日は午前中は大阪支店に出るけど、来週8日まで大阪にいないんだけど~!!
あまりの無茶ぶりに、急いで訴状の発送日を見ると、3月9日。
思わず、『これ、かなり前に届いてたんでしょう!なんで何もやってないんですか!!』と怒ると、前支店長は『ごめんね。異動のことがわかってたから、新しい課長にやってもらおうと思って。自分が今度行く部署で自分が判を押すから、俺が起案するのも変だし』だって。

って、さっさと起案すれば、4月1日までに充分間に合うはずなのに。
しかも、彼は異動の情報を辞令が出る以前から知っていたようなので、なおさら、早めに対応する必要があることも解かっているはずなのに。

辞令が出たあと23日にこの前支店長にも実家から連絡を入れて、忌引のことや今後の私のスケジュールも伝えてあって、私自身に時間的な余裕がないこともわかっているはずなのに……

最初に伝えていたスケジュールでは、29日に家探しのあと大阪支店に寄った以降は、広島支店での引き継ぎや引越しのこともあるので、大阪支店への出社は4月9日からの予定だったのでした。
が、29日の大阪支店での歓送迎会の席で、この前支店長と前課長が『新支店長もいつ来れるかわかんないから、もっと早く来た方がいいよ』と言ったので、急遽、無理をして1日と2日も大阪支店に来ることにしたのでした。

あとでこの話を大阪支店の女性に話したら、『それって、この仕事を課長に押し付けたいから、早く来いって言ったんじゃないですかねぇ』と。

ほんまに、『あり得へん~!!』
この前支店長、私がいた時とぜんぜん変わってなくて相変わらずの仕事ぶりだし、すごくズルイところがあって大嫌いだったので、この人の下で働くことはもうないだろう……と、正直喜んでいたんだけど。
最後の最後に、やってくれました~

前課長も、他の大阪支店の女性たちに言わせれば、異動の辞令が出た後はまったく仕事をしてなかったそうで。『ず~っと、ネットサーフィンをしてましたよ~』、だそうです。

この3年ほど、この2人がトップでやってきたので、支店運営がけっこう歪んでいるようです。
本来なら支店長や課長が対応するべき仕事も、事務職の女性や他の男性に押し付けたりしていたようで、さっそくそれを改善してほしいという訴えが私の方にやってきました。

でも、そういう支店の運営方針は新支店長が最終的には決めることなので、私が決められることじゃないんですよね。
その新支店長も異動してきたばかりで状況がわからないから、『とりあえずは、現状維持でいきます』とのこと。

あ、ちなみにこの新支店長も以前大阪支店にいた人なので、どんな人なのかは大体わかるんだけど……支店長としての彼は知らないので、ちょっと不安だったりします。

さて。どうなることやら。
























nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の30件 | 次の30件 おしごとのこと ブログトップ